水戸東武館(道場・正門附塀)

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013333

 

水戸東武館(道場・正門附塀)

東武館   

名称

水戸東武館(道場・正門附塀)

(みととうぶかん(どうじょう・せいもんつけたりへい))

所在地

水戸市北見町2-15

管理者

水戸東武館

指定区分

市指定

指定年月日

平成25年10月25日

員数

1棟

 水戸東武館は、弘道館の剣術指南役であった、小澤寅吉が、弘道館閉館後の明治7(1874)年に創設した道場です。以来、弘道館の建学の精神の一つである「文武不岐」の額を掲げ、弘道館の武芸活動を継承しています。
 本物件は、昭和28(1953)年の戦火により消失した道場・正門附塀を再建したものですが、建材や礎石に至るまで随所に意匠を凝らし、弘道館の武芸活動を継承するに相応しい重厚な建造物として、貴重な価値を有します。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日