笠原水道

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013224

 

笠原水道

笠原水道  笠原水道2 

名称

笠原水道(かさはらすいどう)

所在地

水戸市笠原町993-1外

管理者

水戸市

年代等

江戸時代

指定区分

県指定

指定年月日

昭和13年3月11日

指定地

10,751平方メートル

水路敷

5,219平方メートル

 水戸城下町は用水の便が悪く、なかでも下町住民は特に飲料水に不自由であったため、2代藩主光圀は、藩主就任直後の寛文2(1662)年、町奉行望月恒隆に水道設置を命じました。その調査に当たった平賀保秀は、笠原を水源地に選び、工事は永田勘衛門が担当して笠原から逆川に沿い、藤柄町まで岩樋を用いた暗渠を作り、備前堀を銅樋で渡して市街地に入り、細谷まで全長約10kmの水道が翌年完成しました。現在も水源地には藤田幽谷撰文の「浴徳泉記」の碑が建っています。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日