石造 宝篋印塔

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013273

 

石造 宝篋印塔

 石造宝篋印塔  

名称

石造 宝篋印塔(せきぞう ほうきょういんとう)

所在地

水戸市大串町2301-1

管理者

水戸市

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

昭和59年3月30日

員数

1基

 この塔のある一帯は、善徳寺があった跡といわれ、多くの墓石や石塔類が残されています。中でもこの塔は、松平壱岐守正朝(まつだいらいきのかみまさとも)の石塔であり、極めて大きく立派です。銘に「寛永廿一甲申年五月廿二日」とあり、江戸時代前期の寛永21(1644)年の建立であることがわかります。松平氏は、徳川将軍家の一族、三河十八松平氏のひとつで、愛知県大草郷に居住していました。正朝は、2代将軍秀忠に仕え、のちに徳川頼房の配下となり、水戸藩次席家老に列し、7千石を賜りました。高さ約3.2mです。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日