八幡宮拝殿及び幣殿

印刷

最終更新日:2014年8月18日 ページID:013232

 

八幡宮拝殿及び幣殿

 八幡宮拝殿及び幣殿 

名称

八幡宮拝殿及び幣殿

(はちまんぐうはいでんおよびへいでん)

所在地

水戸市八幡町8-54

管理者

八幡宮

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

平成9年11月7日

員数

1棟

 安永4(1775)年に建立された、桁行約9m、梁間約5.5mの入母屋造りで、拝殿に幣殿が接続しています。太めの柱、小屋内の構造の工夫などとても堅牢に組立てられ、内部空間がしっかり保たれています。
 一般的に、北関東地域の江戸時代中期以降の建築には、建物全体を彫刻で埋めつくした装飾的な建築が広まっていき、建物本来の美しさよりも、彫刻の豪華さを競ったような傾向が見られますが、この建物はそれらとは一線を画しています。時間をかけて丁寧に作られており、非常におとなしく、無駄な装飾をいっさい省いた美しさを持っています。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日