義公生誕の地

印刷

最終更新日:2014年2月10日 ページID:013296

 

義公生誕の地

 義公生誕の地  

名称

義公生誕の地(ぎこうせいたんのち)

所在地

水戸市三の丸

管理者

常磐神社

年代等

江戸時代

指定区分

市指定

指定年月日

昭和28年9月10日

 徳川光圀(義公)は、水戸藩初代藩主頼房の第3子として、寛永5(1628)年この地にあった重臣三木仁兵衛之次の屋敷で生まれました。母は谷久子(靖定夫人)ですが、故あってひそかにこの屋敷に寄寓し、光圀を生んでも身分を秘し、三木夫妻が養育しました。光圀は幼名長丸(のち千代松)と称し、5歳の時公子として水戸城に居住し、寛永10(1633)年 6歳の時正式に世嗣として江戸の藩邸に移り、父の教育を受けました。

※当ホームページに掲載されている全ての画像の複製・転載・流用・転売・複写等はご遠慮ください。
 ご利用される場合は、水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課までご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日