令和元年度 水戸城二の丸角櫓復元及び土塀整備工事進捗状況

印刷

最終更新日:2019年6月4日 ページID:020345

令和元年度 水戸城二の丸角櫓復元及び土塀整備工事の進捗状況

水戸城二の丸角櫓復元及び土塀整備工事の進捗状況を公開します。
写真1

令和元年度

令和元年 10月  

 9月に引き続き、壁の小舞取付作業を実施しています。
 また、屋根においては、土居葺き作業が行われ、瓦桟も取り付き、瓦を葺く下地が出来上がりました。瓦を葺く前なのに圧倒されるほど綺麗です。
 来月は、皆さまが記名して下さりました瓦が、この上に葺かれます。

10月1 10月2
【写真1】竹小舞施工状況          【写真2】竹小舞施工完了部分

10月3 10月4
【写真3】土居葺き作業状況         【写真4】土居葺き及び瓦桟取付完了

【写真1】竹小舞取付作業中。
【写真2】竹小舞施工完了部分。
【写真3】土居葺き作業中。
【写真4】土居葺き及び瓦桟取付完了。

令和元年 9月

 8月の作業に引き続き、屋根軒先の左官作業を実施しています。
 また、屋根の木工事も続いています。下地や懸魚(げぎょ)が取り付けられました。来月には、土居葺き作業が始まります。

9月1 9月2
【写真1】竹小舞取付状況          【写真2】荒土塗布状況

9月3 9月4
【写真3】屋根組上状況           【写真4】懸魚取付完了

【写真1】屋根の軒先に竹小舞を取付中。
【写真2】荒土を塗っていきます。
【写真3】屋根の作業中。
【写真4】懸魚。

令和元年 8月

  二の丸角櫓は、大手門にはなかった屋根の軒端を漆喰で塗る「軒揚塗」という外部仕上げをします。屋根に瓦を葺く前にしなければならない工程です。まず、竹小舞を組み、その上に荒土をつける左官作業を実施しました。
 また、土塀整備も順調に進んでいます。土塀の地覆石を取り付けました。

 8月1 8月2
【写真1】竹小舞               【写真2】竹小舞貼り付け状況

 8月3 8月4
【写真3】荒土塗り施工状況           【写真4】荒土塗り施工完了

 8月5 8月6
【写真5】地覆石取り付け状況          【写真6】地覆石取り付け完了

【写真1】屋根の軒につける竹小舞。
【写真2】屋根の軒の木材に張り付けていきます。
【写真3】荒土を塗っていきます。
【写真4】荒土の塗り上がり。この後、漆喰で仕上げていきます。
【写真5】土塀。地覆石の取付作業中。
【写真6】土塀。地覆石の取付状況。

令和元年 7月

 7月7日には、工事現場説明会を開催しました。85人が参加し、二の丸角櫓の復元整備についての説明を聞き、実際に使用した部材や道具、そして、二の丸角櫓の本体を見学しました。参加者は普段は見ることのできない工事現場内を興味深そうに見て回っていました。

7月1 7月2
【写真1】現場説明会(事務所)        【写真2】現場説明会(現地)

7月3 7月4
【写真3】使用部材・出土品          【写真4】使用木材加工道具

7月5 7月6
【写真5】見学中               【写真6】自由見学

【写真1】現場事務所内で説明。講師の話を真剣に聞いています。
【写真2】見学中。二の丸角櫓の近くまで工事用足場階段で上りました。
【写真3】実際に使用した部材や発掘調査で出土し、参考にした瓦です。
【写真4】実際に使用した木材加工の道具。
【写真5】見学中。細かく説明していただきました。
【写真6】見学中。自由見学中も質問が絶えませんでした。

令和元年 6月

  5月末から始まった建て方工事は順調に進、6月27日(木)には上棟式が執り行われました。当日は、施主である高橋市長をはじめ工事関係者や周辺学校関係者、約40名が出席し、建物が無事完成することや、完成後の建物の安全を祈願しました。

6月1 6月2
【建て方状況】                【組立て状況】

6月3 6月4
【上棟式】                  【上棟式】

6月5 6月6
【上棟の儀】                 【上棟の儀】

  【写真1】建て方工事中。角櫓二階部分の作業をしています。
  【写真2】建て方工事中。二階の屋根部分の作業をしています。
  【写真3】上棟式。
  【写真4】上棟式。たくさんの方に御出席いただきました。
  【写真5】上棟の儀。棟梁が建屋前で掛け声をかけています。
  【写真6】上棟の儀。掛け声に合わせ、屋根では工匠が木槌で棟を打ち付けました。
 

令和元年 5月

  4月から始まった「ひかり付け」の作業も終盤です。礎石とぴったり合うように組み上がってきました。
そして、5月末には建て方工事が始まりました。いよいよ、二の丸角櫓の建物の形が見えてきますね。 

 5月1 5月2

 【加工後の材料】               【設置完了】

 5月3 5月4
【建て方作業 吊込み状況】          【建て方作業状況】

【写真1】ひかり付けされた木材。
【写真2】礎石とぴったり合いました。
【写真3】建て方工事。クレーンで木材を搬入します。
【写真4】建て方作業中。

平成31年 4月

  礎石とその上に載る木材をピッタリと取り付けるために、「ひかりつけ」という木材の加工が行われました。職人が手作業で礎石の凹凸に合わせて、木材を削っていました。
 また、二の丸角櫓に取り付ける鯱瓦・鬼瓦の製品検査を愛知県高浜市で実施しました。大手門よりも少し小ぶりですが、立派な出来に仕上がっていました。

 4月1 4月2
【ひかり付け作業】              【使用工具】

 4月3 4月4
【ひかり付け作業】              【ひかり付け調整状況】

 4月5 4月6
【鯱瓦】                   【鬼瓦】

【写真1】ひかり付け作業中。
【写真2】職人さんの道具。
【写真3】ひかり付け作業中。
【写真4】ひかり付け作業中。礎石に合わせて調整していきます。
【写真5】鯱瓦。
【写真6】鬼瓦。

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日