「令和元年度水戸市地域文化財」募集スタート!

印刷

最終更新日:2019年5月16日 ページID:019111

 「令和元年度水戸市地域文化財」募集スタート!

地域の大切な文化財を守り、伝えていこう 

 本市には、地域で守り伝えられてきた大切な文化財が数多く残されています。そういった文化財を広く知ってもらい、守り伝えるため、平成30年度より「水戸市地域文化財」制度が始まりました。

 写真1   写真2
【左:「河和田城跡(河和田町)」平成30年度に水戸市地域記念物第1号に認定】

【右:「薬師堂の民間信仰資料群(上国井町)」平成30年度に水戸市地域民俗文化財第1号に認定】

「水戸市地域文化財」制度とは?

 水戸市には、弘道館や偕楽園を始め、国・県・市の指定文化財が190件、国登録有形文化財が4件(※2019(平成31)年4月1日現在)あります。一方で、指定文化財や登録有形文化財に指定・登録されていないものの、地域で大切に守り伝えられている文化財が数多く残されています。こうした地域の文化財を幅広く知ってもらい、郷土への愛着を育んで後世に伝えるため、平成30年度、「水戸市地域文化財」制度(以下「地域文化財」)が誕生しました。

地域文化財の認定対象

 次の文化財に認定されます。

(1)水戸市内の文化財(水戸ゆかりの民俗芸能や生活文化を示すものは、水戸市外の文化財でも認定できる場合があります。)

(2)地域が守ってきた文化財。または地域を知るうえで必要な文化財

(3)所有者及び管理責任者(所有者の代わりに文化財を管理できる方)。あるいは、保持者又は保持団体がはっきりしているもの

(4)成立しておおむね50年以上が経過しているもの

(5)国・県・市の指定文化財や国登録有形文化財に指定、登録されていないもの

(6)次の1~4のいずれかに該当するもの

  1.歴史や文化を伝えるもの(建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書、考古資料など)

  2.古くから伝わる優れた技術・技法(工芸技術など)

  3.人々の生活文化を伝えるもの(衣食住・生業・信仰・年中行事等に関する風俗習慣や民俗芸能、並びにこれらに用いられる衣服・器具・家屋など)

  4.史跡や名勝、天然記念物(貝塚・古墳・城跡・庭園・植物・地質鉱物など)

 

地域文化財に認定されると

 水戸市教育委員会より、次の支援・活用を行います。

(1)修理や保存・活用方法について、教育委員会から助言や情報提供を行います。
    ※ 地域文化財への修理・保存等に対する補助はありません。

(2)学校の教育活動、水戸の歴史や文化財に関するイベント等で、地域文化財を活用します。

(3)水戸市地域文化財をわかりやすく解説する説明板を設置します。

(4)「広報みと」や市のホームページ、SNS等を通して、地域文化財をPRします。

 ※補助金などの支援はありません。

募集要項

 令和元年度は以下の通り募集いたします。多くの推薦をお待ちしています。

(1)推薦方法:封筒に「水戸市地域文化財推薦」と明記のうえ、水戸市教育委員会歴史文化財課まで次の1~4の書類を郵送もしくは御提出ください。

  1.推薦書(推薦する方が所有(保持)者等以外の場合は、別途所有(保持)者等の同意書が必要になります。)
   ※ 詳しい様式は歴史文化財課までお問い合わせください。

  2.推薦資料の概要、沿革又は由来に関する資料

  3.文化財の位置図

  4.団体の方は、団体の会則又は規約

(2)受付期間:令和元年6月3日(月)~8月30日(金)必着

(3)提 出 先:水戸市教育委員会歴史文化財課
       〒310-8610 水戸市中央1-4-1 TEL029‐306-8132

 


お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-297-6187

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日