自立支援医療(更生医療)

印刷

最終更新日:2020年8月3日 ページID:001070

障害程度を軽くしたり、残された機能を回復することを目的とした手術等を受ける場合、必要な医療費を公費で負担します。

※治療が始まる前に申請・ご相談ください。

対象者

身体障害者手帳を所持する18歳以上の方。

認定された障害(身体障害者手帳に記載された障害)に対応する医療が対象となります。

※18歳未満は自立支援医療(育成医療)が対象です。

費用

医療費の1割が原則として自己負担となります。

ただし、所得等に応じて上限が決められていて負担が重くなりすぎないようになっています。

所得区分 月額負担上限額
生活保護世帯 0円(自己負担なし)
市民税非課税世帯で本人の年収が80万円以下 2,500円
市民税非課税世帯で本人の年収80万円超 5,000円
市民税課税世帯で市民税(所得割)3万3千円未満 5,000円
市民税課税世帯で市民税(所得割)3万3千円以上23万5千円未満 10,000円
市民税課税世帯で市民税(所得割)23万5千円以上 制度対象外。ただし,高額治療継続者(重度かつ継続)と認定された場合は20,000円

高額治療継続者(重度かつ継続)の範囲については以下のとおり。
1. 疾病、症状等から対象となる者

・ 腎臓機能障害のうち人工透析療法、腎移植術後の抗免疫療法の方
・ 小腸機能障害のうち中心静脈栄養法の方 ・ 心臓機能障害のうち心臓移植術後の抗免疫療法の方
・ 肝移植術後の抗免疫療法の方 ・免疫機能障害の方
2. 疾病等にかかわらず、高額な費用負担が継続することから対象となる者
・ 申請前の12 か月間において、高額療養費の支給を3回以上受けられている方

対象となる医療

身体障害者手帳に記載された障害に対して確実な効果が期待できるものに限られます。

障害区分 医療等の例
肢体不自由 関節置換術,関節形成術,骨切り術,抜釘術,義肢装具装着のための断端形成術,手術後のリハビリ
視覚障害 角膜移植術,水晶体摘出術,硝子体切除術など
聴覚障害 人口内耳埋込術,鼓室形成術,穿孔閉鎖術など
音声・言語・そしゃく機能障害 口唇形成術,口蓋形成術,歯科矯正治療など
じん臓機能障害 人工透析療法,腹膜透析(CAPD),シャント造設術,じん移植術,じん移植後の抗免疫療法
心臓機能障害 弁形成術,弁置換術,欠損孔閉鎖術,大動脈冠動脈パイパス術,ペースメーカー埋め込み術など
小腸機能障害 中心静脈栄養法など
肝臓機能障害 肝移植術,肝移植術後の抗免疫療法
免疫機能障害 抗HIV療法

手続に必要なもの

手術や治療が始まる前に相談・申請してください。

  1. 身体障害者手帳
  2. 自立支援医療費(更生医療)支給認定申請書
  3. 自立支援医療費(更生医療)意見書
    • 障害者総合支援法の定めにより知事の指定を受けた医療機関の,主として担当する医師が作成したもの。
  4. 保険証(本人と同一保険加入者全員分)
  5. 印鑑 (認印可)
  6. 市町村民税の額が確認できるもの(課税証明書,非課税証明書など)
    • 水戸市で確認できる場合は不要です。
    • 市外から転入した方がいる場合は課税証明書が必要になることがあります。
    • 国民健康保険加入者:加入者全員分の課税状況を確認します。
    • 国民健康保険以外の保険加入者:被保険者の課税状況を確認します。
  7. 個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(同一保険加入者全員分)
  8. 本人確認ができるもの(個人番号カード,免許証,パスポートなど)

関係法令・情報

 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律規則

水戸市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行細則

お問い合わせ先

障害福祉課
電話番号:029-232-9173 /ファクス:029-221-4447

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで ※水曜日は午後7時まで。全ての業務は取扱っておりませんので、取扱業務を確認のうえお越しください。 /休業日:土・日曜日、祝日