【介護予防・日常生活支援総合事業】住民主体の生活支援サービス(活動支援補助対象分)について

印刷

最終更新日:2020年7月6日 ページID:022067

 住民主体の生活支援サービスとは,ボランティア団体等の会員である住民によって提供される生活支援サービスです。
 水戸市では,介護予防の取り組みを推進するため,要支援認定者等の居宅において生活支援サービスを提供しているボランティア団体等に,活動費の一部を補助しています。
 本サービスは,要支援認定者等を対象としたフォーマルなサービスと同様に,高齢者が地域において自立した日常生活が送れるよう支援するためのものであり,要介護状態等になることを予防するため,その利用に際しては,適切にアセスメントを実施し,利用者の状態を踏まえて設定した目標をボランティア団体等にも理解してもらい,利用者が自らできるよう働きかけてくださるようお願いします。

住民主体の生活支援サービス(利用対象者向けチラシ)(PDF形式 428キロバイト)

対象者

在宅生活をしている事業対象者及び要支援1・2の方

※要介護1~5の方は対象外となります。
更新申請や区分変更申請の結果等により対象外となった場合には,サービス提供をしているボランティア団体等に対し,必ずご連絡をお願いします。

 利用回数

 月4回まで(1回あたり30分~1時間程度)

サービス内容例

(提供可)

買い物,掃除,洗濯,調理,ゴミの分別,ゴミ出し,布団干し,裁縫

外出時(散歩・通院・買い物等)の付き添い※徒歩又は公共交通機関の利用に限る

(〇と一体的に行えば可)

話し相手,薬とり,電球交換,窓ふき,衣替え,草刈り,

除草剤散布(薬品代は別途請求)

×

(提供不可)

身体介護(入浴介助,おむつの取替等),車での送迎

※注意点
・同居家族がいる場合も対象となります。
・日常生活を送るうえで必要な支援を行うことを目的としているため,継続的な利用が必要な方が対象となります。単発的な利用の方は対象外となります。
・実施団体によっては,提供出来ないサービスもあります。
・上記以外のサービス内容の提供をご希望される場合は別途ご相談ください。
・サービス提供者は住民ボランティアの方です。対応に特別な配慮が必要とされるケースについては介護サービス等の専門職によるサービスを勧めてください。

サービス提供をしているボランティア団体等

住民主体の生活支援サービス実施団体一覧(PDF形式 256キロバイト)

利用の流れ

住民主体の生活支援サービス利用の流れ

※1 その他インフォーマルサービス導入時と同様に「軽微な変更」に該当します。
※2 サービス提供を依頼する予定の団体に対し,受け入れの可否について事前に電話でご確認ください。

【記入例】住民主体の生活支援サービス情報提供書様式(PDF形式 160キロバイト)
住民主体の生活支援サービス情報提供書様式(PDF形式 76キロバイト)
住民主体の生活支援サービス情報提供書様式(エクセル形式 15キロバイト)

お問い合わせ先

高齢福祉課地域支援センター
電話番号:029-232-9110 /ファクス:029-232-9112

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日