高齢者が健康に過ごすためのポイント

印刷

最終更新日:2020年6月25日 ページID:021533

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、活動量が低下したり、社会参加の機会が減少したりしていませんか?
「新しい生活様式」の中でいきいきと健康に過ごすために、次のことを実践してみましょう!

体を動かしましょう

水戸市では、自宅でできる運動の動画をYouTubeで配信しています。

自宅でできる運動~筋力トレーニング編



また、高齢者の皆さんの健康づくりのため、シルバーリハビリ体操を市内各所で実施しています。
自宅でもシルバーリハビリ体操ができるように、県がYouTubeによる動画配信を始めました。
今までやったことがある人も、そうでない人も自宅で取り組んでみましょう!

シルバーリハビリ体操とは

県立健康プラザの管理者である、大田仁史医師が考案した、筋力や柔軟性の向上と生活動作を楽にするための体操です。

シルバーリハビリ体操の動画(新しいウィンドウで開きます)

低栄養を予防しましょう

低栄養になると、筋力が低下し、疲れやすくなったり転びやすくなったりしてしまいます。
低栄養を予防し、いきいきと健康に過ごしましょう!


お口の健康を保ちましょう

人と話す機会が減ると口の働きが低下してきます。
口の健康は全身の健康や認知機能にも関係するので、毎日の生活の中に口のトレーニングを取り入れましょう!


心の健康を保ちましょう

気分転換をしましょう

国の専門家会議は、高齢者に対し「外出機会を確保することは、日々の健康を維持するためにも重要になります。お一人や限られた人数での散歩などは感染リスクが低い行動です」と呼びかけています。
天気のいい日には、密閉空間・密集場所・密接場面を避けて散歩をしてみましょう!
気分転換になるだけでなく、筋力維持にもつながります。

「密」を避けて外出しましょう(首相官邸チラシ)(PDF形式 1,213キロバイト)

コミュニケーションをとりましょう

電話やメール等を使って、家族や友人と積極的に連絡をとりましょう。
人と話すことは、お口の働きや認知機能の活性化にもつながります。
また、最新の情報を共有することで、特殊詐欺の防止やトラブル、不安の解消にもなります。

熱中症を予防しましょう

「新しい生活様式」の中で熱中症を予防するために、次のことを実践しましょう!

  1. 暑さを避けましょう
  2. 適宜マスクをはずしましょう
  3. こまめに水分補給しましょう
  4. 日頃から健康管理をしましょう
  5. 暑さに備えた体作りをしましょう

熱中症に関する詳しい情報(環境省「熱中症予防情報サイト」)(新しいウィンドウで開きます)

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

高齢福祉課地域支援センター / 電話番号:029-297-5903 /ファクス:029-232-9112

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日