新型コロナワクチンを3回接種した事案の発生について

印刷

最終更新日:2021年11月5日 ページID:024733

新型コロナワクチンを3回接種した事案の発生について

 市内の接種会場において,新型コロナワクチンを3回接種する事案が発生しましたので,お知らせします。

1 概要

 本市において,新型コロナワクチン接種に係る予診票の確認作業を行っていたところ,下記1名について,3回目の接種を行っていることが判明した。被接種者は,高齢者施設等従事者として先行接種を1回行った後,市から送付した接種券を使用して2回接種を行い,計3回の接種となった。

2 判明日

 令和3年11月5日(金)

3 被接種者

 20代男性

4 接種日

 1回目接種  令和3年5月13日(市外高齢者施設の従事者として接種)

 2回目接種  令和3年9月14日(市内医療機関で接種)

 3回目接種  令和3年10月5日(市内医療機関で接種)

5 ワクチンの種類

 いずれもファイザー社製

6 原因

 高齢者施設等従事者が接種券付き予診票で先行接種を受けた場合,市から送付された接種券のうち使用しない部分は破棄することとされている。しかしながら,被接種者は,1回目と2回目の接種の間隔が空いてしまったことから,3回接種しても問題ないだろうと自身で判断し,2回目接種の問診の際に,初めて新型コロナワクチンの接種を受けると虚偽の申告を行い,破棄すべき接種券を使用して接種を受けた。

7 再発防止策

 本事案は,被接種者の事実と異なる申告により発生したものであるが,市内の接種協力医療機関に対し,問診時における接種回数の確認の徹底について,注意喚起を行う。

お問い合わせ先

新型コロナワクチン事業室 / 電話番号:029-303-6313 /ファクス:029-243-5607

水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日