有毒植物やきのこについての情報

印刷

最終更新日:2021年7月28日 ページID:022525

 山菜狩りやきのこ狩りのシーズンを中心に、有毒植物やきのこによる食中毒が、日本全国で毎年発生しています。特に、高齢者の方が間違って食べて死亡する事案が多発しています。

 有毒植物やきのこによる食中毒予防のため、食べられるかどうか分からない山菜やきのこは、「採らない」「食べない」「人にあげない」の3つを守ってください。

きのこ

きのこ食中毒の症状

 きのこの種類にもよりますが、強い腹痛、激しい嘔吐、下痢、悪寒などの中毒を起こします。 重症の場合は、脱水症状、けいれんなどの症状が現れて死亡する場合があります。

食中毒の原因きのこ

 きのこ食中毒の原因をキノコ種類別にみると、ツキヨタケ43%、クサウラベニタケ※20%、テングタケ・イボテングタケ7%であり、この3種類の毒きのこで全体の約70%を占めています。
 ※イッポンシメジを含む。

きのこ食中毒発生時期

 きのこは、秋に多く採れますので、この時期に採取して食べる人が多くなります。きのこ食中毒も、秋(9月、10月)に多く発生しており、全体の約9割がこの時期に集中しています。

きのこ食中毒の発生事例

 きのこ食中毒の約9割が家庭で発生しており、令和2年には他の自治体で死亡事例も報告されました。 また、販売店、飲食店などで提供されたきのこによって発生した事例もみられます。

リーフレット

毒きのこによる食中毒にご注意ください!(PDF形式 1,104キロバイト)

おしらせ

 野生のきのこ類に関する出荷自粛について

山菜

山菜食中毒の症状

 山菜の種類にもよりますが、下痢、嘔吐、けいれん、呼吸マヒなどの中毒を起こします。最悪の場合、死亡することもあります。

山菜食中毒発生時期

 例年、春の山菜採りのシーズンに有毒植物の誤食による食中毒が全国的に多く発生しています。

リーフレット

【注意喚起リーフレット】有毒植物による食中毒予防について(PDF形式 807キロバイト)
【高齢者向け】有毒植物による食中毒予防について(PDF形式 1,317キロバイト)

お問い合わせ先

保健衛生課
電話番号:029-243-7328 /ファクス:029-241-0350

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日