水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正(案)について 結果公表

印刷

最終更新日:2021年5月27日 ページID:023287

水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正(案)について 結果公表

水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正(案)

公表開始日 令和3年3月1日
意見提出期限 令和3年3月30日
担当課(問合せ先) 水戸市保健所保健衛生課 電話029-243-7328

この案件は意見公募を終了し、結果を公表しています。

募集の趣旨

 本市では、水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例において、公衆浴場における男女の混浴制限年齢を規定し、公衆浴場の衛生及び風紀を保全しています。

 今回、厚生労働省が制定する公衆浴場における衛生等管理要領(平成12年12月15日付け生衛発第1,811号厚生省生活衛生局長通知)における男女の混浴制限年齢の改正に伴い、本市においても同様に改正するものです。

 今回は、条例改正の検討に当たって、「水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正(案)」に対する皆さんの御意見を募集しました。

意見等の募集について

 水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正(案)に対する皆さんの御意見を、令和3年3月1日から令和3年3月30日まで募集しましたところ、御意見はありませんでした。

その他

(1) 浴槽水の水質基準

 令和2年12月7日から令和3年1月5日まで意見公募手続をした案件のうち、「浴槽水の水質基準」については、「全有機炭素の量は、1リットルにつき8ミリグラム以下であること。なお、全有機炭素の量の測定結果を適用することが不適切と考えられる場合等は、過マンガン酸カリウム消費量が、1リットルにつき25ミリグラム以下であること。」とする内容に関して特に御意見はありませんでした。

 しかし、厚生労働省が制定する衛生管理要領の規定内容に基づき条例の一部改正案を見直し、「全有機炭素の量が1リットルにつき8ミリグラム以下又は過マンガン酸カリウム消費量が1リットルにつき25ミリグラム以下であること。」とします。

(2) 施行期日

 「浴槽水の水質基準」について、4(1)のとおり全有機炭素の量の基準と従来の過マンガン酸カリウム消費量の基準とのいずれかによることとしたことから、「浴槽水の水質基準」の施行予定日は公布の日とします。

御意見への回答

意見公募手続実施結果(PDF形式:99KB)

意見募集時の公表資料

水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部改正について(案)(PDF形式:99KB)

議会に提出する条例(案)

水戸市公衆浴場の設置場所の配置及び衛生等の措置の基準を定める条例の一部を改正する条例(案)(PDF形式:69KB)

お問い合わせ先

保健衛生課
電話番号:029-243-7328 /ファクス:029-241-0350

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日