クリーニング所・無店舗取次店

印刷

最終更新日:2020年4月1日 ページID:021203

1. クリーニング業について

  • 「クリーニング業」とは,溶剤又は洗剤を使用して,衣類その他の繊維製品又は皮革製品を原型のまま洗たくすることを業とすることをいいます。リネンサプライ業等,繊維製品を使用させるために貸与し,使用済み後は回収して洗たくし,さらに貸与することを繰り返す営業も含まれます。
  • 「クリーニング所」とは,洗たく物の処理又は受取及び引渡しのための営業施設をいいます。クリーニング所・無店舗取次店を営業しようとする場合は,開設届を保健所へ提出し,確認検査を受けなければ営業できません。

分類

1「クリーニング所(一般)」

 水洗い,ドライクリーニング,しみ抜き,乾燥,プレス,仕上げ等洗たく物を処理するクリーニング所(リネンサプライ業を含む)。

2「クリーニング所(取次店)」
 洗たく物の受取及び引渡しのみを行うクリーニング所。

3「無店舗取次店」
 クリーニング所を開設せずに,洗たく物の受取及び引渡しを行う。(業務用車両)

2. 申請・届出(様式ダウンロード)

クリーニング所・無店舗取次店の開店をお考えの方,各種申請・届出を行う方は,こちらをご覧ください。

3. クリーニング師免許に関する申請・届出について

 水戸市保健所では,水戸市に在住の方のクリーニング師免許に関する受付業務を行っております。

免許の申請・再交付・書換交付等をお考えの方は,お気軽に下記担当までお問い合わせください。

申請の際に必要な書類や金額等については,免許を交付している茨城県のホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

4.関連情報

クリーニング師研修・業務従事者講習の受講について

クリーニング師の研修

 クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は,業務に従事した後1年以内に,厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した研修を受けなければなりません。その後は,3年を超えない期間ごとに研修を受ける必要があります。

業務従事者に対する講習

 クリーニング所の営業者は,クリーニング所の開設後又は無店舗取次店の営業開始の日から1年以内に,業務従事者の5分の1の者に,厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した講習を受けさせなければなりません。その後,3年を超えない期間ごとに同様の方法で選んだ者に対して,講習を受けさせる必要があります。(クリーニング師の研修を受けた者は,講習を受けた者と見なすことができます。)

クリーニング師研修会及び業務従事者講習会について

クリーニング師研修会及び業務従事者講習会は,県の指定を受けて,公益財団法人全国生活衛生営業指導センターが実施しています。

お問い合わせ先

公益財団法人茨城県生活衛生営業指導センター(外部サイトへリンク)

茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎3階
電話番号:029-225-6603

5. 法令

6. 届出施設一覧

  水戸市内における,クリーニング業法に基づく届出施設の一覧です。

お問い合わせ先

保健衛生課
電話番号:029-243-7328 /ファクス:029-241-0350

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日