新型コロナウイルス感染症対策をしっかり続けましょう

印刷

最終更新日:2021年11月9日 ページID:022841

市民の皆さまには、引き続き、手洗いやマスク着用などの基本的な感染症対策、会食時における感染症対策にご協力をお願いいたします。
感染リスクの高まる「5つの場面」に気を付けるとともに、「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」など、国が示している情報を参考にしながら感染拡大防止を心がけましょう。

下記リンクをクリックすると、知りたい項目に移動します。

各ご家庭でお願いしたいこと

学校内での感染拡大を防ぐためには、外からのウイルスを持ち込まないことが重要であるため、各ご家庭でも毎朝の体温測定、健康チェック、手洗いなどの感染症対策の実施にご協力をお願いいたします。詳細は、こちらをご覧ください。

感染症対策事例集

本市で確認された新型コロナウイルス感染の事例の一部を、4コマにして紹介します。
※ 個人情報保護の観点から、実際に起こった事例を基にしたフィクションとなっております。

事例1 大人数での集まりにより感染

 夏休みに、大人数で集まって遊んだとところ、感染してしまいました。
 引き続き、少人数で集まり、感染症対策をしましょう。

夏休み

事例2 部活動により感染

 部活動の寮で集団感染がありました。
 共用スペースの消毒も続けましょう。また、体調が悪い時は、休みましょう。

部活

事例3 職場内による感染

 ワクチンを2回接種しても、共用スペースの使用により感染することがあります。
 ワクチンを接種した後も、引き続き対策をお願いします。

職場

事例4 飲み会による感染

 大人数で複数店舗を利用することにより、集団感染となってしまいました。
 引き続き、少人数で集まり、黙食や会話中のマスク等の基本的な対策をお願いします。

飲み会

感染防止のポイントをおさえた生活をしましょう

ポイントをおさえた会食をしましょう

  • 換気が良く、座席間の距離も十分で、適切な大きさのアクリル板も設置され、混雑していない店を選択してください。
  • 食事は短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用してください。
  • 人数が増えるほどリスクが高まります。できるだけ、家族か、4人までにしてください。

ポイントをおさえた生活をしましょう

  • 外出はすいた時間と場所を選んでください。
    特に平日・休日ともに混雑した場所での食事は控えてください。
  • 仕事は組織トップが決意を示し、リモートワークを推進してください。

再拡大防止のための日常生活のあり方

飲食の場面・職場におけるコロナ対策のポイント

5つの場面に気をつける

感染リスクが高まる次の「5つの場面」に気をつけて行動しましょう。

1 飲酒を伴う懇親会等

飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下します。また、聴覚が鈍り、大声になり飛沫が飛びやすくなります。
特に、狭い空間に長時間、大人数が滞在すると感染リスクが高まります。
また、回し飲みや箸などの共用は感染リスクを高めます。 

 a

2 大人数や長時間におよぶ飲食

長時間の飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒など、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まります。
大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まります。 

b

3 マスクなしでの会話

マスクをせずに近距離で会話をすると、感染リスクが高まります。

  • 確認されている事例・場所…カラオケなど

c

4 狭い空間での共同生活

長時間にわたり閉鎖空間で生活を共にすると、感染リスクが高まります。

  • 感染が疑われる事例・場所…寮の部屋やトイレなどの共用部分 

d

5 居場所の切り替わり

仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがあります。

  • 感染が疑われる事例・場所…休憩室、喫煙所、更衣室など

e

1

感染リスクが高まる「5つの場面」(内閣官房コロナ推進室ホームページ)

会食の際は感染リスクを下げる工夫をしましょう

飲酒を伴う会食で、集団発生が確認されています。会食の際は、次のことを心がけましょう。

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

利用者のみなさんへ

  • 飲酒をする際は、
  1. 少人数・短時間で、
  2. なるべく普段一緒にいる人と、
  3. 深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。
  • 会話をするときはマスクの着用し、「静かなマスク会食」を。
    ※フェイスシールド・マウスシールドは、マスクに比べ効果が弱いことに注意が必要。
  • 換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店の利用を。
  • 体調が悪いときは絶対に参加しない。

お店のみなさんへ

飲酒の場面も含め、全ての場面でこれからも引き続き守ってほしいこと

  • 基本はマスク着用や三密回避。室内では換気を良くして
  • 集まりは、少人数・短時間にして
  • 大声は出さず会話はできるだけ静かに
  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒の徹底を

4

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫(内閣官房コロナ推進室ホームページ)

こまめな換気を心がけましょう

感染症対策として換気は重要です。
こまめに窓を開けたり、機械換気を利用したりするなど、各家庭やお部屋の状況に合わせて定期的な換気を行ってください。
換気

新型コロナウイルス感染症の“いま”についての11の知識

国では、新型コロナウイルス感染症に関する現在の状況とこれまでに得られた科学的知見について、新たに11の知識としてとりまとめました。
新型コロナウイルス感染症の発生をさらに抑えるためには、1人ひとりが最新の知識を身につけて正しく対策を行っていただくことが何よりも重要です。ぜひご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の“いま”についての11の知識

お問い合わせ先

保健予防課
電話番号:029-243-7315 /

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日