保健統計調査

印刷

最終更新日:2020年4月1日 ページID:021557

保健所では、統計法等に基づく保健統計調査を下記のとおり実施します。調査の対象となった一般の方々、医療関係の方々のご協力をお願いいたします。

現在、皆様にお願いしている保健統計調査

  • 現在はありません。

ただし、市町村や保健所への届出等を用いる調査(人口動態調査、医療施設調査(動態調査))や毎月関係機関に行っている調査(病院報告)はその都度実施しています。

主な保健統計調査

一般の方を対象にした調査

国民生活基礎調査(世帯票、健康票、介護票)

調査対象:無作為抽出された地区の世帯及び世帯員
調査時期:6月。大規模調査は3年ごと(直近は2019(令和元)年)。
調査項目:世帯構成、家計支出総額、就業状況など。健康票、介護票は大規模調査年のみ調査する。
調査目的:国民生活の基礎的事項を調査する

社会保障・人口問題基本調査

調査対象:国民生活基礎調査実施地区から抽出した地区の世帯員
調査時期:7月
調査項目:世帯動態、人口移動など

人口動態調査

調査対象:市区町村が受けた届出をもとに集計
調査項目:出生、死亡、死産、婚姻、離婚に係る事項
調査目的:人口動態事象を把握する

医療施設や医療従事者、患者を対象とした調査

医療施設動態調査

調査対象:医療施設の開設・廃止・変更等の届出又は処分
調査項目:医療施設の名称、所在地、開設者、診療科目など
調査目的:医療施設の分布、整備の実態、診療機能を把握する

医療施設静態調査

調査対象:全ての医療施設
調査時期:3年ごとの10月1日
調査項目:診療科目、従事者数、許可病床数、診療や検査の実施状況など
調査目的:医療施設の分布、整備の実態、診療機能を把握する

患者調査

調査対象:無作為抽出された医療機関を利用した患者(記入は医療施設)
調査時期:9月、10月
調査項目:性別、住所、出生年月日、入院外来の種別、受療の状況など
調査目的:患者の傷病状況等の実態を明らかにする

受療行動調査

調査対象:無作為抽出された一般病院を利用した入院・外来患者
調査時期:10月
調査方法:調査員が医療施設において調査票を配布し、患者本人が原則記入する。
調査項目:待ち時間、診療時間、医師から受けた説明の程度、満足度など
調査目的:患者の医療に対する認識や行動を明らかにする

病院報告

調査対象:病院、療養型病床を有する診療所
調査時期:毎月
調査項目:在院患者数、新入院患者数、退院患者数、外来患者数など
調査目的:患者の利用状況を把握する

医師・歯科医師・薬剤師調査

調査対象:医師、歯科医師、薬剤師
調査時期:西暦偶数年の12月31日現在
調査項目:生年月日、従事先の所在地、従事する診療科名など
調査目的:医師、歯科医師、薬剤師の分布を明らかにする

お問い合わせ先

保健総務課
電話番号:029-305-6290 /ファクス:029-241-0350

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日