脳脊髄液減少症について

印刷

最終更新日:2018年3月1日 ページID:009107

脳脊髄液減少症とは

「脳脊髄液減少症」とは,髄液が漏れることによって,頭痛,めまい,吐き気,倦怠感など様々な症状を引き起こす病気です。交通事故やスポーツ外傷などによる衝撃が原因のひとつではないかといわれています。

治療

脊髄を包む硬膜という膜の外側に自分の血液を注入し,髄液の漏れをとめる「ブラッドパッチ療法」が先端医療として承認されました。それに伴い,2016年4月から「ブラットパッチ療法」が保険適用になりました。
治療方法,費用などは,担当される医師とよくご相談ください。

厚生労働省・茨城県のホームページにも情報が掲載されていますので,参考にしてください。
 

お問い合わせ先

保健センター
電話番号:029-243-7311 /ファクス:029-244-0157

〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-1 ミオス1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日