緊急事態宣言の解除方針についての市長メッセージ

印刷

最終更新日:2020年5月15日 ページID:021937

政府から、特定警戒都道府県に指定されておりました茨城県を含めた39県で緊急事態宣言が解除されました。また、茨城県からは、基礎疾患のある高齢者の方等を除いた外出自粛の解除や三つの密が重なりやすい業種を除いた休業要請の解除が示されたところです。
本市におきましては、現在、市有施設の利用、学校の運営等について見直しを図っておりますので、決定次第、順次お知らせしてまいります。

気を緩めることはできませんが、緊急事態宣言の解除につながりましたことは、医療関係者の皆様、介護・福祉施設の関係者の皆様、子育て支援に携わる皆様などの御尽力のおかげであり、敬意を表するとともに心から感謝申し上げます。また、市民の皆様には、外出自粛などに御理解と御協力をいただいておりますこと、さらには、事業者の皆様には、県の休業要請等に応じ感染症の流行を抑える取組を推進していただいておりますことに、心から御礼と感謝を申し上げます。皆様の御協力が、一歩一歩着実に感染の拡大防止につながっていることを実感しており、本市の地域力を示すものと考えております。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではなく、第2波、第3波を抑制するため、長期戦になることも覚悟しなければなりません。
本市といたしましては、一人につき10万円の給付が受けられる「特別定額給付金事業」を迅速かつ適切に進めているほか、事業者の皆様を対象とした経営相談窓口を開設し、個々の相談に寄り添ってまいります。また、国や県の支援策に加え、基礎自治体だからこそできるきめ細かな施策として、国や県の施策では行き届かない方々へ、本市の都市特性、産業構造に即した独自の経済対策を強力に推し進め、地域経済をしっかりと支える取組を展開してまいります。
今後とも、「感染症の拡大防止」、「市民生活の安定化」、「地域経済の回復」の三つを柱に各種施策を推進するとともに、医療体制を維持するなど市民の皆様お一人お一人の大切な生命を守ることを最優先に取り組んでまいります。
市民の皆様におかれましては、東京など特定警戒都道府県への移動自粛をはじめ、引き続き国から示されております「新しい生活様式」を参考にしていただき、咳エチケットや手洗いの励行はもちろんのこと、三つの密(密閉、密接、密集)を避けるなど、一人一人が自分、そして家族を守るための感染予防対策を実行くださいますようお願いいたします。あわせて、感染予防を図りながら、地元の商店を積極的に御利用くださいますようお願いいたします。

心を一つにし、市民生活と地域経済を支え合い、ともに歩むことで、一日も早く終息を図り、「笑顔があふれ、多くの方が集えるまち水戸」を取り戻しましょう。

水戸市長 高橋 靖

お問い合わせ先

水戸市役所
電話番号:029-224-1111 /

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土・日曜日、祝日