令和3年度 胃がん検診

印刷

最終更新日:2021年5月7日 ページID:023515

対象者と検診内容

対象年齢 検診内容 検診会場
40~50歳のうちに1回 リスク検査(注1) 指定医療機関

51歳以上(昭和46年4月1日以前に生まれた方)のうち年度内奇数年齢

※ただし、偶数年齢で前年度未受診者の場合は受診可能

(注1)リスク検査は、これまで一度もリスク検査を受けていない方、または今年度51歳、55歳、61歳、65歳、71歳、75歳、81歳、85歳のうち希望する方

●胃内視鏡(胃カメラ)検査

●胃内視鏡(胃カメラ)検査+リスク検査(注1)

いずれか

1つを選択

指定医療機関

胃部エックス線(バリウム)検査

集団健診

(注1)リスク検査について:胃がんの発生には、ピロリ菌の感染や萎縮性胃炎が大きく関わっていることが分かってきました。リスク検査は、血液検査でペプシノゲン量とピロリ菌感染の有無を調べることにより将来胃がんができやすい粘膜かどうかの危険度を調べる方法です。

※ 胃がん検診(胃カメラ・バリウム検査)は、2年に1回の受診となります。
自覚症状のある方、食道・胃・十二指腸で経過観察中および治療中の方は、検診は受診できません
※ 結果が「要精密検査」となったら必ず精密検査を受けてください。精密医療機関の一覧表は結果票と一緒にお渡しします。

検診無料対象者(51歳)へのお知らせ

51歳の方(昭和45年4月2日~昭和46年4月1日生まれ)は、胃がん検診が「無料」になります。対象の方には、6月上旬に個別通知(はがき)を送ります。「水戸市がん検診等受診券」と「はがき」を併せて使用してください。

令和2年度無料対象者の方へ
令和2年度に無料対象の方(昭和44年4月2日~昭和45年4月1日生まれ)で、新型コロナウイルス感染症の影響により受診できなかった場合は、令和3年度の検診期間内に無料で受けることができます。

集団検診【胃部エックス線(バリウム)検査】(※全日程完全予約制

事故防止のため、以下の項目に該当する方は、バリウム検査をお受けできません。かかりつけ医療機関での内視鏡検査をお勧めします。
・検査前の 血圧が著しく高い方
・体調不良の方
・ひどい便秘症などバリウムが腸につまりやすい方
・胃全摘出、大腸・小腸の切除術を受けた方
・1年以内に手術を受けた方
・撮影台から転落のおそれがある方
・めまいの病気の既往のある方  など

日程・申込み方法

希望者は、「令和3年度 集団健診について」の日程をご確認ください。WEBまたはコールセンターをご利用のうえ、お申込みください。

WEB予約については、「令和3年度 集団健診WEB予約について」をご覧ください。

申込者には、検診の1週間前までにお知らせと受診の際の注意事項をお送りいたします。

持参する物

  • 水戸市がん検診等受診券
  • お知らせ (申込み後、郵送)
  • 個人負担金
    胃がん検診 個人負担金
    年齢 負担金
    51歳  無料

    52~69歳

    1,400円

    70歳以上  700円

結果通知

水戸市保健所 地域保健課より郵送(約1か月後)

ページ上へ戻る

医療機関検診【胃内視鏡(胃カメラ)検査、リスク検査】

自分の都合のよい日に実施医療機関で受けられます。

実施期間

令和3年6月15日~令和4年2月28日
(1月、2月は混雑しますので早めに受診しましょう)

申込み

あらかじめ電話で医療機関にお問合せください。「水戸市の受診券を使用して検診を希望」とお伝えください。

持参する物

胃がん検診 個人負担金
年齢 負担金
40~50歳 900円

51歳

無料 

52~69歳 4000円

70歳以上

2000円

結果通知

各実施医療機関で確認してください。(読影の関係で検診より結果通知までに2か月前後かかることがあります)

お問い合わせ先

地域保健課
電話番号:029-243-7311 /ファクス:029-243-7588

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日