通知カードの廃止について

印刷

最終更新日:2020年5月25日 ページID:021714

通知カードの廃止について

 通知カードは、令和2年5月25日に廃止されました。

 通知カードの再発行や出生などに伴う新規発行がなくなりました。また、住所や氏名が変更になったことの記載が出来なくなりました。

 お手元の通知カードは、経過措置として、住所や氏名等が住民登録と一致している場合に限り、マイナンバーを証明するものとして引き続きご利用いただけます。

通知カード

 通知カードは、紙製のカードで、住民の方に12桁のマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。
 マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などで、社会保障・税・災害対策の分野で利用されます。マイナンバーを証明する書類が必要なときに、住所や氏名等が住民登録と一致している場合に限り、通知カードを提示することができます。

※通知カードは、マイナンバーの証明のためのみに利用することができる書類のため、一般的な身分証としては使用できません。

【通知カードのイメージ】
tuuchi
券面には「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。 

通知カードの再発行は終了しました

 通知カードは廃止されたため、再発行ができません。
 マイナンバーを証明する書類は、マイナンバーカードとマイナンバーが記載された住民票及び住民票記載事項証明になります。
 

通知カードを受け取っていない方は・・・

 令和2年5月22日以前に出生届などを提出された方には、新たにマイナンバーが付番されるため通知カードを簡易書留にて郵送しておりました。
 配達時に不在の場合は「不在連絡票」が投函され、 郵便局で留め置き期間(1週間)経過後、数日後に市役所へ返戻されます。返戻された通知カードにつきましては、水戸市役所市民課で保管しています。また、通知カードは転送されない簡易書留での配達となりますので、郵便の転送届をされている方には転送先に配達されずに市役所へ返戻されます。
 通知カードをお受け取りになられていない方は、市民課マイナンバーコールセンター(291-3916)までお問い合わせください。

【おしらせ】
 通知カードが市役所へ返戻された方について、郵便はがき「マイナンバー通知カードの受取について」をお送りしています。郵便はがきが届いた方は、はがきに記載の保管期限までに、はがきと下記の必要書類を持参して市民課窓口までお越しください。
 なお、保管期限を過ぎた場合は、通知カードを廃棄いたしますので、ご了承ください。

必要書類

本人の場合:本人の本人確認書類
代理人の場合:本人の本人確認書類、代理人の本人確認書類、委任状等の代理権を確認できるもの
    ※15歳未満の方で、住民票で親子関係が確認できる場合や本籍地が水戸市の場合は委任状は不要

本人確認書類 ※いずれも有効期限内であること

1点でよいもの 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、障害者手帳 等(※いずれも写真付きであること)
2点必要なもの

健康保険証、介護保険証、年金手帳・証書、各種受給者証、社員証、学生証、

漢字の氏名と生年月日が記載された診察券、漢字の氏名と住所が記載された通帳 等

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市民課マイナンバー担当
電話番号:電話番号:029-291-3916 /ファクス:029-224-1115

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1(パスポートセンターは茨城県三の丸庁舎1階)
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日