小規模な飲食店等にも消火器の設置が義務付けられます。

印刷

最終更新日:2018年10月5日 ページID:019625

 新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を契機に,消防法令が改正されました。

1.飲食店等における消火器設置基準の見直し

延べ面積が150平方メートル未満のもののうち,火を使用する設備又は器具(防火上有効な措置※として,総務省令で定める措置が講じられたものを除く。)を設けたもの

※防火上有効な措置とは,「調理油過熱防止装置」「自動消火装置」「カセットコンロ圧力感知安全装置」等の措置を設けたことを言います。

2.設置義務化に伴い,消火器の点検・報告が義務となります

小規模な飲食店は自ら点検を行うことが可能です。6か月に1回点検し,年に1回消防本部に報告してください。

消防法令改正に関する概要はこちら

点検方法や報告書記入要領はこちら

3.施行日 

2019年10月1日施行

お問い合わせ先

火災予防課査察係(建物担当)
電話番号:029-221-0163 /ファクス:029-224-1139

水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日