新型コロナウイルスに関するごみの出し方

印刷

最終更新日:2020年7月16日 ページID:021745

新型コロナウイルスに関するごみの出し方について

新型コロナウイルスなどの感染症対策のため,ご家庭でごみを出す際には以下の5つのことを心がけてください。

1 ごみ袋はしっかり縛って封をする

2 ごみ袋の空気を抜いて出す

3 生ごみは水切りをする

4 普段からごみの減量を心がける

5 市の分別・収集ルールを確認する

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを出す際は、以下のことに注意してください。

・マスクやティッシュ等のごみを出す場合は,2重にごみ袋に入れる

・ごみに直接触れない

・ごみ袋はしっかりしばって封をする(ごみが袋の外に触れてしまった場合は,2重にごみ袋に入れる

・ごみを出した後は石鹸を使って,流水で手をよく洗う

ご協力いただくことで、ご家族だけでなく、収集作業員の感染リスクも減らすことができます。ごみの収集は皆様の生活に必要不可欠なものであり、安全に継続して行えるよう、ご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ先

ごみ減量課
電話番号:029-232-9114 /ファクス:029-232-9297

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日