外国籍の方の市民税・県民税について(Municipal Tax and Prefectural Tax of Foreign nationality)

印刷

最終更新日:2019年9月27日 ページID:019823

 住民基本台帳に登録のある外国籍の方につきましては,日本人同様に1月1日に住民登録がある市町村で,前年の収入金額を基に1年度分の市民税・県民税が課税されます。
 また,年の途中に帰国される場合でも,1月1日時点で住民登録があればその翌年度分の市民税・県民税は課税となり,全額納付していただく必要があります(平成31年1月1日に住民登録があれば平成31年度市民税・県民税が課税となります)。
 詳しくは,日本国内で給与を受け取っている外国籍の方へ(日本語,英語,中国語,韓国語)をご覧ください。

※「4 租税条約について」の「租税条約の規定に係る非課税所得の届出書」の様式は下記PDFファイルよりダウンロードいただけます。税務署での手続きが終わりましたら「租税条約に関する届出書」の控と「租税条約の規定に係る非課税所得の届出書」と本人確認書類の写しを併せて市民税課に提出してください。

お問い合わせ先

市民税課
電話番号:029-232-9138 /ファクス:029-232-9291

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(水曜日は、個人市民税・個人県民税の相談については午後7時まで) /休業日:土・日曜日、祝日