新型コロナウイルス感染症拡大防止のための軽自動車税(種別割)の課税上の取扱いについて

印刷

最終更新日:2021年3月22日 ページID:023381

三輪以上の軽自動車に係る手続きについて、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和3年3月末に窓口での申請手続きが集中することを回避するため、令和3年4月1日を賦課期日とする軽自動車税(種別割)について、次のように取扱います。

令和3年度軽自動車税(種別割)の課税上の取扱いについて

三輪以上の軽自動車について、令和3年3月中に廃車や使用停止を伴う所有権変更が行われ、かつ、15日以内に所定の手続きがなされたものであれば、 当該手続き及び税申告が令和3年4月以降であっても、令和3年3月中に事由が発生したことを前提として課税処理を行います。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。
※対象となる手続きなど、詳細は、軽自動車検査協会ホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

市民税課
電話番号:029-232-9138 /ファクス:029-232-9291

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(水曜日は、個人市民税・個人県民税の相談については午後7時まで) /休業日:土・日曜日、祝日