未熟児養育医療制度

印刷

最終更新日:2020年10月5日 ページID:014922

対象者

水戸市内に住所を有する未熟児で、出生体重2,000g以下のもの、生活力が特に薄弱であり、医師が入院養育が必要と認めたもの。

内容

・医療保険による患者の自己負担分を公費で負担します。ただし、医療費が無料となるものではありません。
・世帯の所得に応じて「自己負担金額」が決定されます。医療費の支払いは、自己負担金額をもとに、後日水戸市から請求があります。
・申請書類をもとに「養育医療券」を作成し、病院と申請者それぞれに郵送します。「養育医療券」が届く前に病院から請求があり医療費を支払ってしまった場合は、市では払い戻しができません。申請中であることを病院にご相談ください。
・マル福受給者は自己負担金について、マル福適用になりますので、委任状を申請時に提出してください。

申請方法(必要書類)

申請のご案内

申請をご希望の方は必ず事前にご相談ください。

入院中の申請をお願いいたします。退院後の申請はできませんのでご注意ください。

必要書類

新規 継続 転院
養育医療給付申請書(様式第3号)(PDF形式 85キロバイト)
医療意見書(医師が記入)
転院先の医療意見書
養育継続承認申請書
世帯調書(PDF形式 97キロバイト)

世帯内外の扶養義務者の課税証明書

(世帯調書の同意欄にて課税状況を確認することに同意した場合は不要)

マル福委任状
保護者の身分証とマイナンバー
患者の健康保険証とそのコピー
転院を必要とする理由を記載した転院前の病院の医師の証明書
期限の切れる医療券
印鑑

水戸市指定養育医療機関

 水戸市指定医療機関(PDF形式 70キロバイト)

 医療機関の所在地の都道府県、指定都市及び中核市で本事業の指定医療機関とされている場合、この制度の対象となります。 

お問い合わせ先

地域保健課
電話番号:029-243-7311 /ファクス:029-243-7588

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日