業務内容

  • たき火による火災の防止について(2019年2月27日)

    例年、年明けから春先にかけて、たき火が原因となる火災が多く発生しています。空気が乾燥した風の強い日にたき火をして拡大してしまったり、消火が不十分であったため再び燃え出して火災となったなど、多くは火の取り扱いに対する不注意が原因となっています。