平成31年度雨水貯留施設等設置補助制度

印刷

最終更新日:2019年4月1日 ページID:020116

雨水の有効利用及び地下浸透による地下水のかん養を促進しています。

補助対象

● 自らが居住するまたは居住する予定の住宅に雨水貯留施設等を設置すること。
● 雨水貯留施設等の設置工事の着工や物品の購入前に申請書を提出すること。
 ※交付決定前に工事に着手したり物品を購入すると補助が受けられません。
● 実績報告書を年度内に提出すること。
● 各施設により対象内容が異なります。

雨水貯留施設

屋根からの雨水を貯留して利用するための雨水貯留槽で,貯留容量合計が100L以上の容量を備えた施設であること。

100

雨水浸透施設

屋根からの雨水を地下に浸透させる施設で,内径300mm以上の浸透マスを使用し,周囲を砕石の充てん材で満たした施設であること。
※市街化区域内に設置されるものに限ります。住所で調べられますのでお問合せください。

101

浄化槽転用貯留施設

不要となった当該住宅敷地内の浄化槽を転用し,屋根からの雨水配管を接続した雨水貯留槽で,汲み上げ用のポンプが設置された施設であること。

102

補助内容

雨水貯留施設等の設置に要する経費(消費税を除く)の2分の1の額(1,000円未満切捨て)とし,上限は下記のとおりです。受付予定件数は30件程度となります。

区   分 補 助 上 限 額
雨水貯留施設

30,000円

雨水浸透施設 30,000円
浄化槽転用貯留施設 50,000円

※施設に要する費用とは,本体・付属品(取水継手,転倒防止チェーン,架台等)の購入費用・設置工事費用です。
 補助対象とならない費用は,雨樋の増設,犬走りの設置,運送費用等

手続き全般について

交付申請にあたっては,交付要項及び申請の手引きを確認してください。

申請書の提出について

受付開始は平成31年4月1日(月)とし,予算の範囲内で先着順となります。

申請に必要な書類

1 雨水貯留施設等設置補助金交付申請書
2 雨水貯留施設等設置工事費内訳書や見積書等の写し
3 設置予定箇所の案内図(地図)及び平面図
4 施設の構造図(カタログ等)
5 設置予定箇所の写真
6 納税証明書(完納証明用)又は市税の納付状況等に関する調査についての承諾書
7 相手方登録申請書
8 共有名義承諾書(建物が共有名義の場合)

注意点

●印鑑は全て同じものを使用してください。
●消えるボールペンは使用しないでください。
●訂正する場合には二重線を引いて訂正印を押してください。
 ※修正液や修正テープ,砂消しゴムは使用しないでください。(書直していただく場合があります)
●設置工事予定期間は余裕をもった日程を記入してください。
●設置工事費内訳書や見積書等の写しは,税抜の価格がわかるものを提出してください。
●申請書一式を提出してから交付決定が出るまで2週間程度かかりますので,余裕をもって提出してください。
●不足がないかをチェックリストにて確認してください。

実績報告書の提出について

設置工事完了後,速やかに提出してください。
実績報告書の提出がなく,年度内に補助金の確定が受けてれない場合は補助対象から外れますのでご注意ください。

実績報告に必要な書類

1 実績報告書
2 施設に要した費用の領収書の写し及び内訳書
3 設置の状況を示す写真
4 住民票(申請者本人のもの)
5 相手方登録申請書(住民票を異動した場合)
6 交付請求書

注意点

●使用する印鑑は申請書に押した印鑑と同じものを使用してください
●内訳書の額が領収書の額に含まれていることがわかるようにしてください
●不足がないかチェックリストにて確認してください

変更・中止申請書

交付決定後,申請内容に変更があった場合や補助事業を中止する場合は,速やかに変更等申請書を提出してください。

1 変更等申請書
2 雨水貯留施設等設置工事費内訳書や見積書等の写し

注意点

●変更(中止)申請の住所は,申請時に記入した住所を記入してください。
●使用する印鑑は申請時に使用した印鑑と同じものを使用してください。
●中止の場合は,1を提出してください。
●設置工事費が変わる場合には,1と2を提出してください。

提出方法

水戸市環境課窓口(本庁舎3階)まで持込み又は郵送(水戸市中央1-4-1 環境課あて)にて提出してください。

お問い合わせ先

環境課
電話番号:029-232-9154 /ファクス:029-232-9236

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日