千波湖環境学習会

印刷

最終更新日:2021年6月1日 ページID:023760

新型コロナウイルス感染症の状況によっては,今後の千波湖環境学習会の開催も中止になる可能性があります。

変更については,このページにてお知らせいたします。

千波湖環境学習会は、体験型の環境学習会です。

学習会の様子1水戸市では、平成22年度から、一般社団法人茨城県環境管理協会と協働で環境学習会を開催しています。

毎回工夫を凝らしたプログラムを提供しており,今年で12年目を向かえます。

この学習会を通して、千波湖とその周辺の身近な自然に触れ、自然と環境保全の大切さを知っていただきたいと考えております。

参加料は無料です。時間に都合のつく方であれば、どなたでも参加いただけます。

参加する際は、マスクの着用をお願いいたします。また、発熱などがある場合は参加をご遠慮ください。

(掲載している写真は全て前年度以前のものになります)                    

令和3年度の開催予定

今年度も、実施後には学習会の様子を随時レポートしていきますので、テーマ欄をクリックしてPDFファイルをお開きください。

日   時 テーマ 分野 集合場所
6月5日(土) 「ホタル」を観察しよう 昆虫 偕楽園駅前常盤神社駐車場
19:00~21:00
6月6日(日)※ 「ビオトープ」を作ろう 湿地 親水デッキ
10:00~11:30
6月6日(日)

こどもムシムシ探検隊とオオキンケイギク除去

昆虫

親水デッキ

※千波湖周辺の特定外来生物オオキンケイギクを除去します

12:00~13:00 植物
6月6日(日)※ 外来種を調べよう 生物 親水デッキ
13:30~14:30
7月31日(土)※ 千波湖内に入って「魚」たちを調べよう 親水デッキ
13:00~15:00
8月21日(土)

千波湖周辺の「昆虫」を調べよう

※新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令を受け,中止します。

昆虫 親水デッキ
13:00~15:00
9月5日(日)※

逆川の生き物を調べよう

※新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令を受け,中止します。

生物 逆川緑地ふれあい広場
時刻詳細後日 (小門橋脇駐車場)
11月20日(土)※ 桜川で「サケ」の卵を調べよう サケ 水戸市役所
時刻詳細後日
1月16日(日)※ 千波湖の「渡り鳥」を調べよう 野鳥 親水デッキ
時刻詳細後日
2月6日(日) 卵からふ化した「サケ」の稚魚を桜川に放流しよう サケ 親水デッキ
時刻詳細後日

※印の回は、水辺に入りますので、長靴やマリンシューズをご用意ください。

 1回2時間弱の学習会で、子どもにも分かりやすい内容を心がけています。
友だち同士や親子での参加も歓迎します(小学生までのお子様は、保護者同伴でお願いします)。

学習会の様子2 学習会の様子3

千波湖環境学習会の概要

  1. 目的画像の左、湖畔の茶色の所が集合場所です
    市民の憩いの場である千波湖及びその周辺の環境の現況について理解を深め、自然環境の大切さを学ぶことにより、市民一人ひとりの環境保全に対する意識の高揚を図ることを目的とする。
  2. 開催内容
    千波湖及びその周辺において、生物・水質・野鳥・昆虫・湿地・植物について詳しい各分野の講師による学習会を開催する。
    今年度の詳しい内容は上の開催予定をご覧ください。
  3. 実施主体
    水戸市及び一般社団法人茨城県環境管理協会
  4. 参加対象者及び人数
    市民及び公園利用者:先着親子100人名程度
  5. 開催場所
    千波湖及び千波湖周辺
  6. 参加方法
    各回当日現地にて受付します。
    先着順での受付となり,親子100名程度になり次第受付を終了します。

新型コロナウイルスへの対策

1.いばらきアマビエちゃんに登録します。
2.スタッフ・参加者にマスクの着用を徹底します。
3.参加者する方には、住所・氏名・連絡先を記入いただきます。
4.受付の際に、検温・消毒を行い、体温が高い方には参加をご遠慮いただきます。
5.三密を避けるため、参加者同士の距離を十分に確保します(約2m)。

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

環境保全課
電話番号:029-232-9154 /ファクス:029-232-9236

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日