【事業者様向け】指定給水装置工事事業者の指定更新の手続きについて

印刷

最終更新日:2021年2月5日 ページID:020765

制度の概要について

 令和元年度10月1日より、「水道法の一部を改正する法律」が施行され、指定給水装置工事事業者制度に指定の更新制度が導入されました。更新制度の導入により、有効期間は従来の無制限から5年間となり、指定の更新がなされない場合は失効となります。(水道法第25条の3の2(指定の更新))

 令和元年10月1日以降に指定を受けた給水工事事業者は、有効期間が指定日から5年間となります。また、平成10年4月1日から令和元年9月30日までに指定を受けた給水工事事業者は、水道法付則第3条、政令第154号第4条で指定の有効期間が定められております。

 なお,水戸市では,円滑な事務手続きのため,更新手続きの期間を指定番号ごとに振り分けさせていただきます。

更新期間と有効期限

指定給水装置工事事業者制度の更新制度導入のお知らせ(PDF)

手続きの流れ

  1. 更新対象となる指定工事事業者様に順次手続きのご案内を送付いたします。
    ※ 指定番号137番から254番までの指定工事事業者の皆さまには,令和3年2月頃に案内書を送付いたします。
    ※ ご案内は、登録してある所在地へ送付いたします。指定の登録に変更がある場合は、随時、変更手続きを行ってください。
  2. 更新手続きの受付開始後、指定有効期間内に更新に係る申請書類をご提出ください。
  3. 提出された申請書類をもとに、申請書類の審査を行います。審査には1か月程度かかります。
  4. 審査後,その結果を電話でご連絡いたします。
  5. 指定の更新手数料(10,000円)を納付していただき,新指定工事事業者証(新指定証)を交付いたします。
    ※新指定証の交付は、現在の指定証(旧指定証)と引き換えとなります。お手元の旧指定証の確認をお願いいたします。

その他

  1. 水戸市で指定登録している内容と更新時に提出された申請書の内容が異なる場合は、指定の変更届(水道法第25条の7)が必要となります。変更届が提出されない場合、更新手続きの申請書類は受理できませんので、事前に変更の手続きを行ってください。
  2. 指定有効期間内で更新手続きを行わなかった場合、指定の失効となります。失効日以降、水戸市での新たな給水装置工事は行えませんのでご注意ください。(失効日以前に給水装置工事の申込を受付けた場合に限り、工事は可能です。)
  3. 指定が失効している状態で、再度、水戸市で新たな給水装置工事を行う場合は、新たに指定を受ける必要があります。

更新手続きに関する申請書類

 令和3年9月29日に更新期限を迎える指定給水装置工事事業者(指定番号137番から254番)を対象とした案内になります。(対象事業者には令和3年2月に郵送予定)

水戸市指定給水装置工事事業者 指定の更新手引き(こちらをクリックしてください)

指定の更新手引き 様式集word形式(こちらをクリックしてください)

指定の更新手引き 様式集pdf形式(こちらをクリックしてください)

手引き

お問い合わせ先

給水課
電話番号:029-231-4112 /ファクス:029-231-8395

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日