令和元年台風第15号により被災した住宅の復旧工事費用を補助します。

印刷

最終更新日:2019年11月26日 ページID:020973

制度の概要

令和元年9月9日に上陸した台風第15号により,屋根や外壁など住宅に被害を受けた方を支援するため,住宅の復旧工事費用に対して補助金を交付します。

相談受付

令和元年11月27日(水)から相談を受け付けています。

事業概要、手続きの流れなどが事前に相談できます。直接、建築指導課までお問い合わせください。

補助の対象となる方

水戸市の発行したり災証明書の判定が,半壊又は一部損壊であり,自らの資力のみでは復旧工事を行うことができない方。

※復旧工事を行う住宅の所有者が,居住者本人かその親族である場合に限ります。

※り災証明書についてのご相談・ご質問等については,防災・危機管理課(029-232-9152)までお問い合わせください。

補助の対象となる工事

以下のすべてに該当する工事

 1.被災した住宅の屋根又は外壁の復旧工事,日常生活に最低限必要な復旧工事

 2.対象工事費が5万円以上の工事

 3.令和元年9月9日以降に着手し,令和2年2月28日までに工事が完了するもの

   ※すでに工事が完了している場合でも上記に該当する場合は補助の対象となります。

   ※内装に関するものは原則として対象外です。(床や壁の修理と併せて畳等や壁紙の補修が行われる場

        合については対象となる場合がありますのでご相談ください。)

補助金の額

復旧工事費用の20%(上限50万円)

※補助金の額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てとなります。

申請時に必要な書類

補助申請にあたり,申請書の他以下の書類を用意してください。

1.工事着手前の住宅の被災状況が分かる写真

2.復旧工事の見積書

3.本市が発行した「り災証明書」の写し(令和元年台風15号に係るもの)

4.屋根や外壁等構造耐力上主要な部分の工事を行う場合は,「耐震性の向上等に資する工事であることの

     確認書」

5.資力に関する申し出書

※上記のほか申請内容を確認するため住民票等の書類を要する場合があります。

※既に工事が完了している場合は,上記に加えて契約書・領収書・工事完了後の写真が必要です。

※1つの住宅に対して、申請は1回ですので、複数の業者に工事を依頼した場合は、まとめて提出してくだ

   さい。

お問い合わせ先

建築指導課
電話番号:029-232-9210 /ファクス:029-224-1129

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日