長期優良住宅コーナー

印刷

最終更新日:2015年4月6日 ページID:004941

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、水戸市都市計画部建築指導課へ認定を申請することが出来ます。なお、法律の施行日は平成21年6月4日(木曜日)です。

認定基準について

水戸市において長期優良住宅建築等計画の認定を行うためには、当該住宅が下記の基準を満たしていることが必要です。
(補足)なお、認定基準のうち(注釈)の項目は登録住宅性能評価機関による事前審査が可能です。

  • 長期使用構造であること(以下の項目について「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」を満たすものであること。)(注釈)
    • 劣化対策             
    • バリアフリー性
    • 耐震性               
    • 省エネルギー性
    • 維持管理・更新の容易性    
    • 維持保全の方法
    • 可変性
  • 住戸面積(1戸あたり)(注釈)
    • 「戸建て住宅」75平方メートル以上
    • 「共同住宅」 55平方メートル以上
  • 居住環境の維持及び向上への配慮
    当該申請にかかる住宅が、水戸市居住環境の維持及び向上に関する基準を満たしていることが必要です。
    詳細については、下記の「水戸市居住環境の維持及び向上に関する基準」をご覧下さい。
    認定基準である「水戸市地区計画」「景観計画」の取り扱いについては、下記の「都市計画部都市計画課」のホームページをご覧下さい。
  • 建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること。(注釈)
  • 資金計画が建築・維持保全を遂行するため適切なものであること。(注釈)

長期優良住宅建築等計画の認定申請・申請手数料について

住宅建設工事の着工前に長期優良住宅建築等計画認定申請書及び添付図書を建築指導課へ申請してください。当市への申請前に、登録住宅性能評価機関から,認定基準に適合しているかどうかの技術的審査を受けて適合証の交付を受けている場合又は住宅性能評価書(「温熱環境・エネルギー消費量に関すること」については,「断熱性能等級4」の認定を受けているもの)の交付を受けている場合は,当該適合証又は住宅性能評価書を添付して申請することが可能です。 認定申請にあたっては、申請手数料が必要となります。認定申請と併せて確認申請を提出する場合は、別途確認申請手数料が必要となります。
認定手数料については、下記の「長期優良住宅建築等計画認定手数料」一覧表をご覧下さい。

認定長期優良住宅に係る税制上の特例措置について

認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基づき建築及び維持保全が行われる住宅(認定長期優良住宅)については、以下の通りの税制の特例が適用されます。

国税

  1. 住宅ローン減税制度における優遇措置
  2. 投資型減税措置
  3. 登録免許税の控除措置

地方税

  1. 不動産取得税の減額措置
  2. 固定資産税の減額措置

認定申請書類ダウンロード

長期優良住宅認定申請書等関係書類

国土交通省のホームページよりダウンロードできます。
→国土交通省のホームページへ

長期優良住宅単独審査の場合の設計内容説明書

財団法人ベターリビングのホームぺージよりダウンロードできます。
→財団法人ベターリビングのホームぺージへ
水戸市長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行細則は、下記よりダウンロードできます。
届出等様式は、下記よりダウンロードできます。

水戸市居住環境の維持及び向上に関する基準(PDF形式:60KB)

長期優良住宅建築等計画認定手数料(PDF形式:39KB)

長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行細則(PDF形式:49KB)

届出等様式(ワード形式:107KB)

都市計画部 都市計画課ホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

建築指導課指導係
電話番号:内線:3442、3443、3444 /ファクス:ファクス番号:029-224-1129

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日