都市景観整備の推進

印刷

最終更新日:2007年4月23日 ページID:001203

施策の概要

水戸市景観計画及び水戸市都市景観条例に基づき、都市景観重点地区の指定や地区内の建築物等への助成、大規模建築物等の届出、公共施設の景観形成等を実施しています。

(1)都市景観重点地区の指定

備前堀沿道地区を平成14年8月に都市景観重点地区に指定しました。他の予定地域についても、都市景観重点地区の指定を視野に入れた意識啓発等を行い、優れた都市景観の誘導を図ります。
(補足)備前堀沿道都市景観重点地区内の建築行為等に対し、平成15年度から助成を実施しています。
(平成15年度、助成実績4件)
(平成17年度、助成実績1件)
(平成19年度、助成実績1件)
(平成22年度、助成実績1件)

都市景観重点地区(備前堀沿道)について

整備された備前堀

(2)景観法に基づく大規模建築物等の届出

大規模建築物等については、届出制度により景観形成基準を基に助言、指導を行い、景観形成を促進します。
(平成20年度、届出実績90件)
(平成21年度、届出実績25件)
(平成22年度、届出実績44件)
大規模建築物等とは、以下に掲げるものをいいます。
 建築物で高さ15メートルを超えるもの又は建築面積が1,000平方メートルを超えるもの
 工作物で高さ15メートルを超えるもの又は敷地面積が1,000平方メートルを超えるものなど
景観法の届出について

(3)公共施設の景観形成

公共施設の整備にあたっては、景観形成ガイドラインに基づき、景観形成の先導的役割の推進を図ります。
(平成20年度、協議実績4件)
(平成21年度、協議実績7件)
(平成22年度、協議実績4件)

お問い合わせ先

都市計画課
電話番号:029-232-9206 /ファクス:029-224-1117

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日