新庁舎建設工事近隣住民説明会を開催しました。(平成28年7月6日)

印刷

最終更新日:2016年7月20日 ページID:016598

平成28年7月6日、新庁舎整備地近隣の住民・事業者等の方々を対象とした建設工事説明会を開催しました。
当日は、施工者から工事の概要を説明したのち、ご質問やご意見をいただきました。
工事期間中は、いただいたご意見等に十分配慮しながら工事を進めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

新庁舎建設工事説明会の概要

○日 時:平成28年7月6日(水) 18時30分~19時15分
○場 所:本庁舎東側臨時庁舎1階会議室
○説明会での主なご質問・ご意見と回答
 (質問)電波障害の範囲について教えてほしい。
 (回答)現在、テレビ放送はデジタル放送のため、近隣の住宅等への電波障害はないと考えているが、
     発生した場合はアンテナ設置等の対策を考えている。クレーンが稼働する際に、障害が発生
     する可能性もあるので、その場合は、新庁舎整備課へ連絡をいただきたい。
 (質問)作業員は多いときでどれくらい入るのか。またその人たちの駐車場についてはどのような予
     定か。
 (回答)ピーク時は500名以上になる。駐車場は、工期の初期は現場内で対応するが、作業員が増え
     てきたときは、周辺に駐車場を確保したい。
 (質問)仮設事務所は何階建てになるか。
 (回答)3階建てで、監理JV(共同企業体)・建築JV・設備JV・電気JV及び作業員が入る。
     ピーク時には、作業員の休憩所を場内に増設することも検討している。
 (質問)工事騒音が出る時期はいつごろなのか。
 (回答)工期中は、継続して多少の音は出る。大きい音が出るのは、解体工事とコンクリート打設時
     である。解体工事は今年の9月から2か月程度。コンクリート打設は、毎日ではないが工事
     の節目にあるので、平成30年度前半頃まで行う。
 (質問)作業時間は原則として午前8時から午後6時までとのことだが、その時間以外でも作業を行
     う場合の一例として示されている諸官庁の指導により作業時間が指定される作業とはどうい
     うものか。
 (回答)大型特殊車両の夜間通行等である。
 (質問)トラックは何トン位のものが来るのか。
 (回答)大型トレーラーやダンプ、トラック等の通行を予定している。
 (質問)タワー式のクレーンを予定しているのか。クレーンは風であおられて倒れたりしないか。
 (回答)使用するクレーンは、キャタピラのついた自走式タイプのクローラークレーンで、倒れるこ
     とはない。
 (質問)整備スケジュールについて、もっと細かい工程表はないのか。また建物の詳細図面等の閲覧
     はできないのか。
 (回答)詳細な工程は、まだ各事業者と協議中である。でき次第、HPに掲示する。図面については、
     建物の実施設計概要として、水戸市HPに掲載している。
 (質問)コンクリート打設直後に、震度5等の大きな地震があった場合、コンクリートに悪影響はな
     いのか。
 (回答)工事監理者にて施工状況を確実にチェックする。強度が出ているかなどの検査をして判断す
     る。
 (質問)コンクリート打設は、週に1回程度か。
 (回答)週に複数回、ピーク時は毎日打設することもある。
 (質問)駐車場台数が371台と記載されているが、以前の庁舎と比べてどうか。
 (回答)以前も370台程度である。市民会館があったときは、イベント時等に渋滞もあったが、市民
     会館は移転するため、3月、4月のピーク時でもこの台数で問題ないと考えている。
 (質問)地下駐車場エリアは供用開始前に使用できないのか。
 (回答)新庁舎の供用開始と同時に使用できるようになる。
 (質問)新庁舎に市の職員は何人入るのか。
 (回答)臨時、嘱託職員含め、約1,300人である。
 (質問)設計監理はどういう仕事をするのか。
 (回答)新庁舎の設計をしたJVが今回工事監理を行う。監理の役割は、工事施工者に、設計の目的
     や意図を伝えることと、設計通りに施工が進んでいるかを確認する業務を行う。

                   uni

お問い合わせ先

財産活用課
電話番号:029-232-9135 /ファクス:029-224-1144

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日