1,000円タクシー導入の経緯について

印刷

最終更新日:2021年4月1日 ページID:021619

公共交通空白地区等におけるタクシーの活用について

 水戸市では,公共交通を利用しにくい地区にお住いの方における通院や買い物などに必要な移動手段を確保するため,「1,000円タクシー」を運行しています。

導入の経緯

 水戸市では,平成28(2016)年3月に策定した「水戸市公共交通基本計画」に基づき,公共交通空白地区等の住民の移動手段として,既存の交通資源(タクシーなど)の活用の可能性を検討していました。
 当時,国土交通省において需要閑散時間帯割引運賃の効果と課題を把握するための実証実験を検討しており,これを水戸市で実施することとなりました。
 この実証実験に基づく試験的な運賃制度を活用して,平成29(2017)年2月,国田地区ではじめて1,000円タクシーを導入しました。
 令和3年度以降は,新設の一括定額運賃を適用し,引き続き公共交通空白地区等を対象に,順次1,000円タクシーの導入を進めていきます。

 詳細につきましては,下記PDFファイルをご覧ください。

 【2020年1月現在】公共交通空白地区等におけるタクシーの活用について(PDF形式 1,691キロバイト)

1,000円タクシーのご利用方法(各対象地区の皆様へ)

 1,000円タクシーは,各対象地区にお住まいの方が利用できます。
 また,地区ごとに運行日や利用区間が異なります。
 詳細は,1,000円タクシーご利用案内のページをご覧ください。

お問い合わせ先

交通政策課
電話番号:029-291-3804 /ファクス:029-291-3952

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日