台風や地震等の自然災害や火災により死亡・負傷したり,住家に被害があった方に見舞金を支給します

印刷

最終更新日:2019年11月1日 ページID:006992

 台風や地震等の自然災害や火災により死亡・負傷又は住家が被害を受けた市民に対し,災害見舞金を支給します。

 なお,大規模災害(災害救助法施行令で定める災害)により死亡若しくは精神または身体に著しい障害を受けた場合は,災害弔慰金・災害障害見舞金が支給されます。

令和元年台風第19号等による被災者に対する災害見舞金の特例について

 台風19号等による9月9日から10月25日までに発生した災害により被災された方への災害見舞金につきまして,「令和元年台風第19号等による被災者に対する災害見舞金の特例に関する条例」を令和元年11月1日付専決処分により制定し,次のとおり見舞金の額を増額して支給することとなりました。

 詳細は(www.city.mito.lg.jp/000271/000272/p020907.html)をご覧ください。

見舞金の対象となる災害

 火災・風水害・震災・その他の自然災害で市長が特に認めるもの

見舞金の対象者

 市内に居住する方。

 家屋への見舞金に関しては,実際に生活している住家に限ります。 ※空家,倉庫,事務所等は含みません。

見舞金の額

死亡又は負傷の場合

  • 死亡 10万円
  • 全治3か月以上の入院加療を要する負傷 3万円
  • 全治1ヶ月以上3か月未満の入院加療を要する負傷 2万円
  • 全治1週間以上1か月未満の入院加療を要する負傷 1万円

住家の損壊、滅失又は床上浸水の場合(1世帯あたり)

 生活の本拠でない空き家,事務所,物置,門,塀等の損壊や,屋根瓦の一部損壊などは対象となりません。

全壊等 7万円

 住家の損壊、焼失又は流失した部分の床面積が、その住家の延床面積の70パーセント以上に達したもの又は延床面積の70パーセントに達しないが、その住家が改築しなければ居住できない状態になったもの

半壊等 3万円

   住家の損壊、焼失した部分の床面積が、その住家の延床面積の20パーセント以上70パーセント未満の場合であって、その部分の修理を行うことによって住家として使用できる程度のもの

床上浸水 2万5千円

 浸水がその住家の床上に達した程度のもの又は土砂,竹木等のたい積等により一時的に居住できない状態になったもの

申請に必要なもの

  • 水戸市災害見舞金(弔慰金)申請書(様式第1号)
  • り災証明書(全壊又は半壊の記載のあるもの)
  • 身分証明書(免許証,保険証等)
  • 口座振込依頼書
  • 申請者の通帳等の写し(振込口座が確認できるもの)
  • 医師の診断書(死亡・負傷の場合)
  • 委任状(本人以外の方が申請される場合)
  • 印かん

※ 詳細は福祉総務課までお問合せください。

関係法令・情報

水戸市災害見舞金に関する条例施行規則

お問い合わせ先

福祉総務課
電話番号:029-232-9169 /ファクス:029-232-9113

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日