「ながらスマホ」は危険な行為です

印刷

最終更新日:2021年9月17日 ページID:024458

自動車・自転車等を運転しながらの使用について

 自動車や自転車の運転中に携帯電話・スマートフォンの操作する「ながら運転」は,画面を集中して見ることで,周囲への注意力が低下し,運転の操作が不正確になるため,死亡事故にもつながる大変危険な行為です。
 令和元年12月1日の道路交通法の改正により,自動車運転中のスマートフォン等の使用による罰則が強化されました。
 自分や他者の命を守るため,「ながら運転」は絶対に止めましょう。

 やめよう!ながら運転(PDF形式 2,466キロバイト)
 (自転車)茨城県道路交通法施行細則一部改正(PDF形式 1,429キロバイト)
 

歩きながらの使用について

 歩きながらのスマートフォン等の操作は,画面に集中し過ぎることにより,他の歩行者等との衝突を誘発するなど他者に迷惑を掛けるマナー違反の行為です。スマートフォン等を利用する際には周囲の安全を確認できる状態での利用を心掛けましょう。

a

お問い合わせ先

生活安全課
電話番号:029-224-1113 /ファクス:029-232-9238

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日