ダンスで覚えよう いかのおすし

印刷

最終更新日:2017年4月3日 ページID:017480

 子どもたちが不審者から身を守るための合い言葉「いかのおすし」を広めるため、水戸市、茨城町、大洗町の各地区防犯協会で構成される水戸地区防犯協会では、「いかのおすし」の標語にちなんだダンス動画を作成しました。ダンスには、みとちゃん、ひぬ丸くん、アライッペなどの各市町のマスコットキャラクターや、地区の子どもたち、住民の皆さんも参加しています。楽しく踊って覚えましょう。

「いかのおすし」とは

  平成16年度に、「深刻化する犯罪から子どもを守ろう」として東京都と警視庁が考案した防犯標語です。1.ついて「いか」ない、2.知らない人の車に「の」らない、3.「お」お声でさけぶ、4.「す」ぐ逃げる、5.「し」らせる の5つの分かりやすい語呂合わせにより、全国に広まり、歌やダンスも作られるなど、各地の防犯教育で活用されています。

  • いか=行かない
    知らない人について行かない
  • の=乗らない
    知らない人の車に乗らない
  • お=大声でさけぶ
    「助けて」と大きな声を出したり、防犯ブザーを鳴らす
  • す=すぐ逃げる
    大人のいる方にすぐ逃げる
  • し=知らせる
    どんな人が何をしたか、家の人に知らせる

ぼうはんのおやくそく「いかのおすし」(子ども向けチラシ)

お問い合わせ

水戸地区防犯協会  電話 029-300-3844(直通)
茨城県水戸警察署  電話 029-233-0110(代表番号)
水戸市 防災・危機管理課 生活安全室  電話 029-232-9152(直通) 

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日