大雨への備えをお願いします

印刷

最終更新日:2021年6月11日 ページID:023888

市民の皆様におかれましては、梅雨や台風シーズンを迎えるにあたり、改めて、ハザードマップ等を活用し、お住まいの地域の災害リスクや避難する場所、市からの災害情報の入手方法などを確認するとともに、市が「避難指示[警戒レベル4]」を発令した際には,早めの避難をお願いいたします。

市では、令和元年東日本台風の教訓を踏まえ、国や県と一体となり治水対策の推進を図るほか、コロナ禍における避難体制の強化、さらには、市民の皆様が避難をためらうことのないよう、対象地区など具体的にわかりやすく情報を発信するとともに、風雨の状況や日没の時間等を考慮し、早い段階での避難を呼びかけてまいります。

引き続き、市民の皆様と共に備え、共に助け合える地域づくりを推進してまいりますので、御協力をお願いいたします。

災害情報の入手方法を確認しましょう

災害時は、正しい情報を入手して、冷静に行動しましょう。市では、災害のおそれがある段階から、各種媒体をとおして情報を発信します。

水位や避難に関する情報は、随時、市や国土交通省、気象庁のホームページ、市メールマガジン(防災メール)、ラジオ(FMぱるるん76.2MHz)、テレビなどで確認しましょう。

また、緊急速報メール(エリアメール等)も活用しています。メールを受け取れるよう、携帯電話等の設定をご確認ください。

災害時の情報発信手段について

避難場所・避難経路を確認しましょう

安全な避難を行うために、ハザードマップなどを活用して、どの避難所へどの道を使って避難するのか確認しましょう。

水戸市ハザードマップ

※新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される間は、避難する場所が変わります

新型コロナウイルスに感染の恐れがある状況下においては、感染リスクを可能な限り低減するため、可能な限り多くの避難所を開設します。また、避難者の体調等に応じて避難する施設をあらかじめ振り分けています。災害時は、命を守る行動とともに、感染症に備えた行動をとりましょう。

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた災害時の避難所について

自宅への浸水に備え、土のうを提供しています

出水期前に、職員が一丸となり土のうを作成し、大雨などへの備えのひとつとして、市民の皆様へ土のうを無償で提供しています。

土のうの提供について

避難指示(警戒レベル4)で全員避難を(※避難勧告は廃止されます)

市から高齢者等避難(警戒レベル3)が発令されたら、避難に時間を要する方(高齢者、障害、乳幼児など)とその支援者(家族、介護者など)は、危険な場所から避難しましょう。また、避難指示(警戒レベル4)が発令されたら、どなたも速やかに避難してください。避難指示の発令時などに、避難を呼びかける言葉を放送するとともに,サイレンを鳴らして避難を呼びかけます。

避難のタイミングを明確にするため、災害対策基本法の改正により、避難勧告と避難指示(緊急)は、「避難指示」に一本化されました。避難指示は、これまでの避難勧告のタイミングで発令し、風雨の状況や日没時間などを考慮して早めに出しますので、発令のタイミングで避難してください。

「避難勧告」と「避難指示」が「避難指示」に一本化されました。

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日