令和元年度災害時生活用水協力井戸の受付開始について

印刷

最終更新日:2019年8月27日 ページID:020454

災害時生活用水協力井戸制度の目的

 この制度は、地震などの災害により断水が起こった時に、洗濯やトイレ等に使用する生活用水として、井戸水を地域の皆様に無償提供していただける井戸を登録し、登録した井戸の情報を市民の皆様へお知らせすることで、災害時における市民の生活用水の確保及び公衆衛生の維持を図ることを目的としています。

 災害時生活用水協力井戸について
 

登録について

 災害時に井戸水を無償で提供していただくとともに、日頃から、井戸の場所を地域の皆様へお知らせすることについて、御承諾いただける方に、申請をしていただきます。御申請いただいた井戸は、水戸市で水質検査等の調査を行った上で登録します。

 登録した井戸は、水戸市ホームページ及び各市民センターに一覧及び地図を掲載します。
 なお、掲載する情報は、「井戸の所在地」「汲み上げ方式」「停電時における発電機の使用の可否」の3つです。

申請方法等について

申請方法

 窓口又は電話で申請を受け付けております。

 市防災・危機管理課(029-232-9152)又は各市民センターへお問い合わせください。

申請期間

 令和元年7月16日(火)から令和元年10月31日(木)まで
 

募集件数

 50件
 ※募集件数を超えた場合は、小学校区等の単位において、井戸数の均衡が図られるよう調整を行います。
 

水質検査について

 水質検査を行う場合は、検査にお伺いする日時等について、検査機関からお電話でご連絡いたします。
 また、検査項目については、以下のとおりとなります。
 なお、この水質検査は、飲用の適不適を調べるものではございませんので、ご了承ください。

水質検査項目

 1.一般細菌

 2.大腸菌

 3.亜硝酸態窒素

 4.硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

 5.鉄及び化合物

 6.塩化物イオン

 7.カルシウム、マグネシウム等(硬度)

 8.有機物

 9.pH値

 10.味

 11.臭気

 12.色度

 13.濁度

 14.放射性物質(セシウム134及びセシウム137)

災害時生活用水協力井戸の登録に関する今後の予定について

時期

実施内容

7月16日~10月31日

申請受付期間

11月

水質検査実施場所の抽出

11月~12月

水質検査の実施

翌年1月~翌年2月

井戸の登録

※水質検査が終了した井戸を順次登録

翌年2月~

登録井戸の周知

「災害時生活用水協力井戸」に関するQ&A

問1:飲み水には、使えますか?

答:本制度は、災害による断水時に、洗濯やトイレなどに使用する生活用水の確保を目的としています。したがって、本制度の水質検査は、飲料の適不適を調べる検査ではございません。

 東日本大震災において、揺れの影響により、飲料可能であった井戸水が濁るなど、水質が変わってしまった事例がありましたので、安全面を考慮し、生活用水の確保に努めることとしました。

問2:井戸の吸水に電動ポンプを使っている場合、停電時の対策は、どのように考えているのですか?

答:全ての市民センター及び市立小・中学校に、発電機を配備(1施設あたり2台)しましたので、この発電機を主にご使用いただき、あわせて地域で備えている発電機についても御協力いただきたいと考えております。

 また、発電機の搬送等につきましては、地域の自主防災組織の皆様にご協力いただき、本事業の推進全般にわたり、市と地域の皆様が連携し、対応していきたいと考えておりますので、重ねて、御理解と御協力をお願い申し上げます。
 現段階においては、上記のような状況でありますが、今後、井戸の登録状況に応じ、災害時に迅速な対応が図れるよう対策を講じてまいります。

問3:登録井戸の付近に掲示する看板は、どのぐらいの大きさですか?

答:横42センチメートル、縦30センチメートルの大きさのもので、打ち付けによる自立タイプのものです。

問4:登録井戸の情報は、どのような内容を、どのような手段で周知するのですか?

答:登録した井戸の周知については、井戸の所在地、井戸の汲み上げ方式及び発電機の使用の可否について、水戸市ホームページ及び各市民センターに掲載します。
 また、登録井戸の付近に、「災害時生活用水協力井戸」の看板を掲示します。

看板のデザイン
看板デザイン


 

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日