水戸市洪水ハザードマップを改訂しました(令和2年7月作成)

印刷

最終更新日:2020年7月27日 ページID:017971

 洪水ハザードマップは、大雨などにより河川が氾濫した場合の浸水想定区域や浸水深を表示した図面で、市民の皆様の安全な避難に役立てていただくため作成したものです。
 洪水ハザードマップでは、前回(平成29年7月)作成したときから浸水想定区域の変更はありませんが、昨年発生した台風19号による本市への影響なども踏まえ、市民の皆様に必要な情報などを更新し、改訂しました。
 市民の皆様に、日頃から、同ハザードマップで事前の備えに御協力いただき、自助、近助、共助、公助の連携により逃げ遅れゼロを目指します。

1 前回作成時からの主な修正点

・情報入手方法に関する掲載の充実
・市民の皆様がとるべき行動を記載する欄(マイ・タイムライン)の充実
・昨年の台風19号において浸水した区域の掲載
・防災行政無線の位置の掲載 等

2 対象河川

・那珂川
・藤井川
・桜川
・涸沼川

3 対象地区(小学校区)

 市内17地区
【三の丸、五軒、新荘、城東、浜田、常磐、上大野、柳河、渡里、酒門、飯富、国田、千波、下大野、稲荷第一、稲荷第二、大場】

4 配布方法

 令和2年8月1日号「広報みと」とあわせて浸水想定区域内を含む町内会へ配布します。
 また、ハザードマップは、お近くの市民センター、防災・危機管理課等で配布しています。

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日