• このエントリーをはてなブックマークに追加

意見公募手続制度について

印刷

最終更新日:2015年7月30日 ページID:000163

意見公募手続制度とは

意見公募手続制度とは、市が基本的な政策を策定する際に、事前にその案の内容及び関連資料を公表して市民の皆様からの意見を募集し、それを政策に反映させるとともに、提出された意見とそれに対する市の考え方を公表する一連の手続をいいます。
この制度は、公表した計画及び制度等の案自体の賛否を問うものではなく、政策の企画立案過程における案を公表することによって、市民の皆様からの多様な意見を市政に反映する機会を確保し、政策形成過程における透明性と政策そのものの質の向上を図ることを目的としています。
(補足)水戸市パブリック・コメント手続(市民意見提出手続)に関する要項を廃止し、水戸市意見公募手続に関する規程を平成23年7月1日に施行しました。

水戸市意見公募手続に関する規程(PDF形式:94KB)

規程の考え方(PDF形式:272KB)

(廃止)水戸市パブリック・コメント手続(市民意見提出手続)に関する(PDF形式:33KB)

お問い合わせ先

総務法制課
電話番号:029-232-9116 /ファクス:029-232-9295

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎東側臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日