財政健全化判断比率及び公営企業資金不足比率

印刷

最終更新日:2018年10月10日 ページID:018303

水戸市の比率は,いずれも国が定める基準以下で,健全性が保たれています  

市では,「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき,財政状況を示す比率を算定し,公表しています。
平成29年度決算に基づく本市の比率について,健全化判断比率のうち実質赤字比率と連結実質赤字比率は,黒字のため算定されません。
実質公債費比率は前年度と同率になりました。
将来負担比率は,新ごみ処理施設や東町運動公園新体育館などの整備の推進に伴い市債の発行が増えたため,前年度より増加しました。
資金不足比率は,各会計とも黒字のため,算定されません。


本市の比率は,いずれも健全化の基準を大きく下回っていることから、財政の健全性が保たれていると判断できます。

区 分

H29年度決算
基づく比率

H28年度決算に
基づく比率

健全化の基準  

健全化判断比率

実質赤字比率

(黒字)

(黒字)

11.25%

連結実質赤字比率

(黒字)

(黒字)

16.25%

実質公債費比率

9.1%

9.1% 25%

将来負担比率

106.7%

93.0% 350%

資金不足比率

各会計とも

資金不足なし 

(黒字)

各会計とも
資金不足なし

(黒字)

20%

※いずれの比率も,数値が低いほど財政状況が良いことを示します。
 各比率が健全化の基準以上の場合,財政状況が悪化しているとみなされ,計画を定めて財政健全化に取組むことが義務付けられています。
 

各比率の説明

1 実質赤字比率
 一般会計などの実質的な赤字が,年間の財政規模に対してどのくらいの割合になるかを示します。
 黒字の場合は算定しません。

2 連結実質赤字比率
 公営企業会計を含むすべての会計の実質的な赤字が,年間の財政規模に対してどのくらいの割合になるかを示します。
 黒字の場合は算定しません。

3 実質公債費比率
 実質的な公債費(一般会計などの借入金返済額,特別会計繰出金及び一部事務組合等負担金のうち借入金の返済に充当した額など)が,年間の財政規模に対してどのくらいの割合になるかを示します。

4 将来負担比率
 将来負担額(一般会計の借入金残高,特別会計及び一部事務組合の借入金残高や外郭団体の債務残高,並びに職員の退職手当支給予定額のうち一般会計の負担見込額など)が,年間の財政規模に対してどのくらいの割合になるかを示します。

5 資金不足比率
 公営企業会計の資金不足(赤字)が事業規模に対してどのくらいの割合になるかを示します。
 黒字の場合は算定されません。

お問い合わせ先

財政課
電話番号:029-232-9131 /ファクス:029-232-9298

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日