• このエントリーをはてなブックマークに追加

親善都市・高松市との謝礼品相互導入について

印刷

最終更新日:2015年12月1日 ページID:015772

平成27年12月1日から,香川県高松市とのふるさと寄附金・謝礼品の相互導入が始まります。

水戸市と高松市は,水戸藩初代藩主徳川頼房公の長子頼重公が高松藩初代藩主になったという歴史的つながりから、彦根市の仲立ちにより昭和49年4月13日親善都市の盟約を結びました。これまで、水戸黄門まつりと高松まつりの際の交流や社会人野球チーム間の親善野球大会など、各分野で親善が図られています。

そしてこの度,産業面での交流を深めようという狙いから,互いの特産品をふるさと寄附金の謝礼品として導入することとなりました。

水戸市は,高松市の特産品であるフルーツ4点を導入いたします。

・香川県産越冬完熟さぬき紅みかん
・香川県産蔵出しみかん
・香川県産デコポン&せとか詰合せ
・香川県産さぬきひめ苺

高松市では,水戸市の特産品である納豆が導入されます。詳細は,ふるさと高松応援寄附金HPをご覧下さい。

お問い合わせ先

市民税課
電話番号:029-232-9138 /ファクス:029-232-9291

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎
業務時間:午前8時30分~午後5時15分(水曜日は、個人市民税・個人県民税の相談については午後7時まで) /休業日:土・日曜日、祝日