• このエントリーをはてなブックマークに追加

寄附金の税額控除の手続き

印刷

最終更新日:2015年11月9日 ページID:007464

 ふるさと寄附による寄附金税額控除を受けるためには,下記いずれかの方法で手続きをしてください。

確定申告または市県民税申告を行う場合

 寄附を証明する受領書(寄附後約2週間程度で送付いたします)を添付し,原則として寄附した年の翌年3月15日までに確定申告または市県民税申告をしてください

 ふるさと寄附をした年分の所得税及び翌年度の住民税がそれぞれ控除されます

ワンストップ特例制度を利用する場合

(1)ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例)制度とは

 確定申告や市県民税申告をする必要のない給与所得者等について,寄附先の自治体へ「申告特例申請書」を提出することで,申告をすることなく寄附金控除が受けられる制度です。

 所得税相当分と住民税相当分が,まとめて翌年度の住民税から控除されます。

(2)対象者

 確定申告や市県民税申告をする必要のない給与所得者等で,当該年中のふるさと寄附が5団体以内であり,ふるさと寄附以外の寄附金について控除を受ける予定がない方。

(ご注意)申告特例申請書の提出後に対象から外れた場合は,特例による寄附金税額控除は取り消され全て無効となります。その場合は,当該年中の寄附金の受領書を全て添付いただいた上,申告をしてください。

(3) 申請方法

 下記書類を寄附の翌年1月10日までに寄附先の自治体に提出ください。

 1 寄附金税額控除に係る申告特例申請書 ※

 2 マイナンバー確認書類 

 【個人番号カードをお持ちの方】

  ・個人番号カードの写し

 【個人番号カードをお持ちでない方】

  ・通知カードの写しまたは個人番号が記載された住民票の写し

  ・本人確認書類として下記のうちいずれかの写し。

   運転免許証,運転経歴証明書,旅券,身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳,療育手帳,在留カード,特別永住者証明書。

   これらのものの提出が困難である場合は,下記のうちいずれか2点の写し。

   保険証,年金手帳,児童扶養手当証書,官公署発行の氏名・住所・生年月日が確認できる書類等。

 ※ 寄附の申込みの際,申告特例申請書を要望いただいた方については,寄附後2週間程度で当市より申請書を送付いたします。申込み後に申請書が必要になった場合は,お手数ですが当市まで連絡いただくか,当ページからダウンロードしたものを印刷してお使いください。

(ご注意)

 申告特例申請書を提出いただいた後,申請書に記入した住所・氏名について,寄附の翌年1月1日までに変更が生じた場合は,申告特例申請事項変更届出書を寄附先の自治体に提出いただく必要があります。提出期限は申請書と同様,寄附の翌年1月10日までのため,ご注意ください。

お問い合わせ先

市民税課
電話番号:029-232-9138 /ファクス:029-232-9291

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎
業務時間:午前8時30分~午後5時15分(水曜日は、個人市民税・個人県民税の相談については午後7時まで) /休業日:土・日曜日、祝日