[水戸駅南口地区]都市再生総合整備事業の事後評価の結果を公表しています

印刷

最終更新日:2016年4月11日 ページID:016238

都市再生総合整備事業について

 都市再生総合整備事業は,社会資本総合整備計画に位置付けられており,大都市圏等の臨海部や既成市街地を中心に発生している大規模工場跡地等低未利用地において,都市再生をうながすトリガー(引き金)となる地区への都市基盤施設等の集中的な整備を実施するとともに,都市拠点の形成に資する民間都市開発事業等を促進することにより,円滑な土地利用転換を公民協働で推進することを目的とした制度です。本市では,市内1地区について,都市再生総合整備事業を国土交通大臣に提出し,承認された整備計画に対して交付金が交付され,都市再生総合整備事業を活用したまちづくりを進めています。「水戸駅南口地区1期」においては平成22年度より事業を実施し,平成26年度の事業完了に伴い,事後評価を行ないました。 

事後評価について

事後評価の目的

 事後評価は,都市再生総合整備事業がもたらした成果等を客観的に診断し,成否の要因を分析して,今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに,住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。

事後評価の内容

 事後評価の内容は,以下のデータをダウンロードして御確認ください。

お問い合わせ先

市街地整備課
電話番号:029-232-9207 /ファクス:029-232-9296

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎東側臨時庁舎2階
業務時間: /休業日: