• このエントリーをはてなブックマークに追加

商店街空き店舗対策事業

印刷

最終更新日:2016年4月1日 ページID:008062

商店街空き店舗対策事業

空き店舗の活用促進と創業者の支援を通して、商店街の活性化を図るため、空き店舗を利用して営業を開始した創業者や商店街団体などに対し、予算の範囲内で出店費用の一部を補助します。

補助要件

補助を受けるためには、「対象者」、「対象事業」、「出店区域」に関する、すべての要件を満たすことが必要となります。

対象者

  • 商工団体
  • 商店街団体又は商店街団体の構成員の2分の1以上が参加する団体
  • 商店街団体の推薦を受けた団体又は個人

除外規定

  1. 市税を滞納している者
  2. 入居空き店舗の所有者又は所有者の親族
  3. この補助金を受けたことがある者。ほか
(対象事業)
  • 3か月以上継続して空き店舗の状態であること。
  • 店舗の1階部分を使用し、かつ、その入口が道路に接していること。
  • 風営法の適用を受ける事業でないこと。
  • 小売業、飲食業、サービス業その他市長が認めた業種
  • 来店する者に対する営業を行う事業
  • 事業に要する面積が500平方メートルを超えるものでないこと。
  • 仮設店舗として使用しないものであること。
  • フランチャイズ契約に基づく加盟店でないこと。
  • 原則として、12時以前開店、17時以後の閉店
  • 店舗を転貸して業務を行うものでないこと。
  • 出店区域内の既存店舗の閉鎖を伴う移転でないこと。
  • 1年以上継続して行うものであること。ほか
(出店区域)
  • 中心市街地地区(水戸市企業誘致のための固定資産税等の課税免除に関する条例施行規則に規定する区域)
    (1)泉町1~3丁目、大町1~3丁目、金町1~3丁目、北見町、五軒町1~3丁目、栄町1・2丁目、柵町1丁目、桜川1・2丁目、三の丸1~3丁目、城南1~3丁目、大工町1・2丁目、天王町、常磐町、常磐町1・2丁目、梅香1・2丁目、備前町、南町1~3丁目、宮町1~3丁目、元山町1・2丁目の全区域
    (2)新荘3丁目、千波町、中央1・2丁目、見川1丁目、見川町、緑町2・3丁目のうち、市長が定める区域
  • 下市地区(市道浜田171号線(ハミングロード)に面する区域)

補助額等

補助対象経費

  • 改装費(※)

※対象店舗の1階部分に対する改装費

補助対象経費の範囲

  • 天井、壁、床等の内装、電気工事、塗装、看板設置その他空き店舗の資産価値を高めない程度の改装に要する費用

補助率

  • 補助対象経費の2分の1以内

補助額

● 対象店舗面積(※)30平方メートル未満については、50万円以内
● 対象店舗面積(※)30平方メートル以上500平方メートル未満については、100万円以内

※対象店舗面積…対象店舗の1階部分に対する床面積

申込方法

事前相談の上、申請を受付けますので、申請を希望する場合は商工課あて御連絡ください。
申請にあたっては,申請書等の添付書類をダウンロードし,必要事項を記入のうえ,必要添付書類と合わせて指定申請窓口へ提出してください。申請に基づき審査のうえ,指定要件を満たしている場合には交付決定通知書を発行します。


(補足)注意事項

  • 必ず事業(店舗の改装)の開始前に申請を行い、交付の決定を受ける必要があります。
  • 予算の範囲内での補助となりますので、予算がなくなった場合は年度途中であっても補助金の交付を受けられない場合があります。

お問い合わせ先

商工課
電話番号:029-232-9185 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日