大規模小売店舗立地法の特例措置について

印刷

最終更新日:2016年4月1日 ページID:006468

 水戸市の中心市街地への大型店の新設については、大規模小売店舗立地法(以下「大店立地法」という。)の特例措置により、届出及び地元説明会の開催のみで出店が可能です。

 店舗面積が1,000平方メートルを超える小売店舗を出店等される場合、大店立地法に基づく届出が必要となりますが、水戸市の中心市街地では、大店立地法の特例である第二種大規模小売店舗立地法特例区域(区域図参照)が設定されていることから、区域内への新設の届出等については、手続きの簡素化など以下の特例措置を受けることができます。

特例措置の内容

  • 大店立地法に基づく大型店の新設又は変更の届出に係る添付書類の簡素化
  • 新設又は変更に係る8か月の実施制限の適用除外(住民等に対する説明会の開催後、すぐに新設・変更が可能となります。)
    (補足)大店立地法に基づく届出は、茨城県となります。

水戸市第二種大規模小売店舗立地法特例区域図

水戸市第二種大規模小売店舗立地法特例区域 区域図

茨城県ホームページ「大規模小売店舗立地法について」(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

商工課
電話番号:029-232-9185 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日