賃金等の変動に対する建設工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の運用について

印刷

最終更新日:2014年3月27日 ページID:013647

水戸市の発注工事において、建設工事請負契約書第25条第6項「インフレスライド条項」について下記のとおり適用を開始することとしました。

「インフレスライド」とは

建設工事請負契約書第25条第6項に基づき、「予期することのできない特別の事情により、工期内に日本国内において急激なインフレーション又はデフレーションを生じ、請負代金額が著しく不適当となったとき」に、請負代金の変更を請求できる措置です。

(補足)条項適用のための運用基準については、添付ファイルの資料を参照してください。

1 条項適用の対象となるものについて

基準日以降の残工事量に対する資材単価(油脂類含む)、労務単価、機械賃料等並びにこれらの変動に伴う共通仮設費、現場管理費及び一般管理費

2 対象工事

水戸市発注の請負代金額130万円以上の工事で、基準日以降の残工期が2ケ月以上ある工事

3 請負代金額の変更の考え方

対象となる労務、材料等の変動額のうち、残工事額(変動前)の1%を超える額を発注者が負担する。(受注者は残工事額(変動前)の1%を負担する)

お問い合わせ先

水戸市財務部契約課 電話番号:029-224-1111(内線335)

お問い合わせ先

契約検査課
電話番号:029-232-9136,029-232-9133 /ファクス:029-228-2035

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎東側臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日