水戸市物品調達からの暴力団等の排除に関する要項の制定について

印刷

最終更新日:2012年3月27日 ページID:008484

趣旨

水戸市が発注する物品の購入,賃借,修繕等(以下「物品調達」という。)の円滑かつ適正な施行を確保するため,物品調達からの暴力団等の排除について,水戸市物品調達等の契約事務に関する規程(平成7年水戸市規程第10号。以下「物品規程」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めたものである。

内容

1 「暴力団等」の定義

暴力団等とは,暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する団体並びに暴力団の構成員及び暴力団の維持運営等に協力し,又は関与する等これに関わりを持つ者をいう。(第2条)

2 受注者等の義務等

市の発注する物品調達の受注者が暴力団等から暴力的要求行為又は物品調達に対する妨害を受けたときは,市長に報告するとともに警察その他の捜査機関へ通報及び捜査への協力を義務付けたものである。(第3条第1項)
これに対し,市長は被害の報告等をした受注者が行う物品調達の履行期限の延長等,必要な措置を講ずるものとした。(第3条第2項)

3 入札参加資格停止の措置

物品規程第7条に規定する認定業者及び第20条の適用を受ける認定業者以外の業者が別表(下記に記載)に掲げる要件に該当したと認めるときは,同表右欄に定める期間の入札参加資格を停止することとした。(第4条)

4 出資法人への協力要請

本市が出資又は出えんしている法人についても,第3条及び第4条の措置を行うよう要請するものである。(第5条)

5 捜査機関との連携

入札参加資格停止の措置を行うときは,警察等の調査機関との密接な連携を図ることとした。(第6条第1項)
また,市長は,警察等の捜査機関に対し,被害の報告等をした受注者等及びその関係者に対する保護等の必要な措置を講ずることを要請するものとした。(第6条第2項)

別表
要件 準用する規定
1 認定業者等である法人の役員若しくはその支店若しくは営業所(常時物品調達の契約を締結する事務所をいう。)を代表する者若しくは認定業者等である個人(以下「役員等」という。)又は認定業者等の経営に事実上参加している者が,暴力団等であると認められるとき。 契約規程別表第4(8)の項
[当該認定をした日から12か月以上]
2 業務に関し,不正な利益を得るため又は債務の履行をするために,暴力団等を利用したと認められるとき。 契約規程別表第4(9)の項
[当該認定をした日から9か月以上]
3 いかなる名義を持ってするかを問わず,暴力団等に対して,金銭,物品,その他の財産上の利益を与えたと認められるとき。 契約規程別表第4(10)の項[当該認定をした日から6か月以上]
4 役員等又は認定業者等の経営に事実上参加している者が,暴力団等と密接な関係又は社会的に非難されるべき関係を有していると認められるとき。

契約規程別表第4(12)の項[当該認定をした日から1か月以上9か月以内]

5 暴力団等が経営又は運営に実質的に関与していると認められる会社等と物品調達に係る取引等を行ったと認められるとき。 契約規程別表第4(14)の項ウ[当該認定をした日から1か月以上9か月以内]
6 第3条第1項に規定する義務を怠ったと認められるとき。 契約規程別表第4(14)の項ウ[当該認定をした日から1か月以上9か月以内]
7 物品調達に関し,暴力団等の排除に関する市の指示に従わなかったと認められるとき。 契約規程別表第4(11)の項[当該認定をした日から9か月以上]

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

契約検査課
電話番号:029-232-9136,029-232-9133 /ファクス:029-228-2035

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎東側臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日