みとちゃん おもてなしを学ぶ旅 vol.3

印刷

最終更新日:2018年10月11日 ページID:019569

みとちゃんはお友達をおもてなしするのが大好き!!

おもてなしいち

今後の予定を調べると,2019年の茨城国体,2020年の東京オリンピックと,近くで大きな催しが予定されています。

おもてなしに

みとちゃんは,「たくさんのお友達をおもてなしできる!」とわくわくしつつも,よりみんなに喜んでもらえるように,おもてなしについて改めて学びたいと考えました。

おもてなしさん

今後不定期で,みとちゃんが学んだおもてなしについて紹介していきます。
 

みとちゃんがおもてなしを学ぶ旅、第3回目の講師は……

2018年水戸の梅大使  東ヶ﨑 美咲 さん

tougasaki1

梅大使って何をしている人なのかな?

 水戸の観光大使として「水戸の梅まつり」での,観光案内をはじめ,全国各地で水戸の魅力や観光情報をPRしていただいています。

東ヶ﨑さんが梅大使になったきっかけは? 

  市内の高校に通学していたときに,食べ物が美味しくて歴史がある水戸の良さに気がつき,国内外の人に水戸の魅力を伝えたいと思い,梅大使に応募したそうです。

 そんな東ヶ﨑さんに聞いてみよう!

tougasaki2
 

心がけていることは?

 お客様の年齢,性別,考えに合わせた対応を心掛けています。
 子どもだったら,子どもの目線で話しかけたり,年配の方なら聴きとりやすい音量で話しかけるようにしています。

おもてなしをしていて嬉しかったことは?

 雪の降るような寒い日に,遠方からきてくださったお客様に「天気が悪くて景色はあまり良くないけど,梅大使さんに会えて良かったよ」と言ってもらえたのが嬉しかったです。

おもてなしをしていて難しいことは?

 難しいと思ったことは,水戸の観光に興味や関心が無いお客様に魅力をアピールすることですね。少しでも興味を持ってもらいたいのでアプローチの仕方をもっと考えたいです。

水戸の良さってなぁに?

 都会と田舎がうまく融合している所です。
 東京から1時間程で来られますし,人が多すぎず時間がゆっくりゆったりしていて,癒しを感じられる千波湖や偕楽園もあります。

東ヶ﨑さんにとっておもてなしってなぁに?

  1人1人に合った,その人の心を温かくできる接客。 
  そして話せて良かった,会えて良かったと思ってもらえる接客。

 水戸の良さをいろいろな場所でPRしてくれる梅大使さん。
 私も,梅大使さんたちに負けないように,水戸の大好きなところをいっぱいいっぱい伝えていこう!
 東ヶ﨑さん,いろんなお話を聞かせてくれて,ありがとうございました★☆ 

tougasaki3

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日